アルカンターラ内装のトヨタ・ヴァンガード発売

2012.09.10 自動車ニュース

アルカンターラ内装の「トヨタ・ヴァンガード」発売

トヨタ自動車は、SUV「ヴァンガード」に特別仕様車「240S“S Package ALCANTARA Limited(Sパッケージ アルカンターラ リミテッド)”」を設定し、2012年9月10日に発売した。

「トヨタ・ヴァンガード」の「240S“Sパッケージ アルカンターラ リミテッド”」は、2.4リッターエンジンを搭載するエントリーグレード「240S」をベースに、内外装がドレスアップされた特別仕様車。

18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーなど「Sパッケージ」に含まれるアイテムに加え、スモークめっきを施したフードモール&フロントグリル、サイドプロテクションモール、バックドアガーニッシュでドレスアップ。アルミホイールは、グレーメタリック塗装仕上げとなる。

インテリアは、オレンジステッチ付きのアルカンターラ表皮で仕立てられたシートやセンターコンソールボックスが特徴。本革巻きステアリングホイールのステッチもオレンジ色で統一され、専用黒木目調加飾を施したシフトノブ、シフトパネル、ドアスイッチベースなども与えられる。

ボディーカラーは、特別設定色のグレイッシュブルーマイカメタリックに、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、ブラッキッシュレッドマイカを合わせた全4色。このうちグレイッシュブルーマイカメタリックのモデルは、2012年10月下旬に発売される。

価格は266万円(FF車、5人乗り)から292万3000円(4WD車、7人乗り)まで。

(webCG 関)

「トヨタ・ヴァンガード240S“Sパッケージ アルカンターラ リミテッド”」
「トヨタ・ヴァンガード240S“Sパッケージ アルカンターラ リミテッド”」 拡大

アルカンターラ内装のトヨタ・ヴァンガード発売の画像 拡大

関連キーワード:
ヴァンガード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴァンガード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタが「RAV4」を一部改良 ディスプレイオーディオを全車に標準装備 2020.8.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月7日、SUV「RAV4」を一部改良し、発売した。今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを全車に標準装備としたほか、予防安全装備の強化も図っている。
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
ホームへ戻る