三菱、軽自動車5車種に特別仕様車

2001.06.11 自動車ニュース

三菱、軽自動車5車種に特別仕様車(6/11)

三菱自動車は、軽乗用車「トッポBJ」「ミニカ」「パジェロミニ」「タウンボックス」の4車種に、携帯電話ハンズフリーシステムを装備し、共通のホワイトのボディカラーを用意した特別仕様車「ホワイトエディション」を設定。さらに、「パジェロミニ」に、専用のスペアタイヤケースや3トーンのボディカラーを採用した特別仕様車「リンクスV リミテッドII」を設定し、2001年6月2日から発売した。

「ホワイトエディション」シリーズには、専用ステッカーやアルミホイールなどを特別装備。さらにグレー基調の内装や、木目調のセンターパネル&パワーウィンドウスイッチパネルなどを与えた。

またミニカとトッポBJの「ホワイトエディション」には、2DINサイズのCD/MD一体型のオーディオ+4スピーカーを付与。タウンボックスとパジェロミニの「ホワイトエディション」には、DENSO製のカーナビゲーションシステムが備わる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベース車比)
ミニカ「ホワイトエディション」:2WD+3ATモデルが92.9万円、4WD+3ATモデルが109.4万円(+6.0万円)
トッポBJ「ホワイトエディション」:2WD+コラム4ATモデルが109.3万円、4WD+コラム4ATモデルが124.6万円(‐2.5万円)
パジェロミニ「ホワイトエディション」:4WD+4ATモデルが160.3万円(+6.5万円)
タウンボックス「ホワイトエディション」:2WD+4ATモデルが130.0万円、4WD+4ATモデルが142.0万円(+7.0万円)

いっぽう、パジェロミニ「リンクスV リミテッドII」は、「リンクスV」をベースに、本家「パジェロ」に設定される3ウェイ2トーンのボディカラーを採用したのが特徴。さらに、ルーフレールとスペアタイヤケース、フォグランプが装備される。
インテリアには、木目調のセンターパネルとパワーウィンドースイッチパネルを採用。オーディオ装備はCD/MD一体型のオーディオへグレードアップされた。
価格は、ベース車より6.0万円高、152.0万円(5MT)と159.8万円(4AT)。

(webCG 平山)

 
三菱、軽自動車5車種に特別仕様車の画像

関連キーワード:
パジェロミニ, トッポ, ミニカ, タウンボックス, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
    ……173万3550円

    マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
ホームへ戻る