スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車

2001.06.19 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車(6/19)

スズキは、「グランドエスクード」と「エスクード」に、特別仕様車「ヘリー・ハンセン リミテッド」を設定し、2001年6月18日に発売した。

「ヘリー・ハンセン リミテッド」は、ノルウェーのマリン&アウトドアブランドの名を冠した特別仕様車。ボディ同色の専用フロントグリルやヘッドランプガーニッシュ、さらに専用のフロントバンパーアンダーガーニッシュを採用し、「ヘリー・ハンセンのもつスポーティーなイメージを演出」(プレスリリース)した。しかし、マリンウェアなどヘリー・ハンセンの商品が備わるわけではない。

また、グランドエスクードは、3列シート7人乗りの仕様を、最後列をはずした2列シート5人乗りとし、広い荷室スペースを確保した。

主な特別装備は以下のとおり。

・「HELLY HANSEN」ロゴ入り専用スペアタイヤハウジング
・左右フロントフェンダーに付く専用「HELLY HANSEN」エンブレム
・シルバー塗装を施したルーフレール
・メッキ処理されたアウトサイドドアハンドル
・撥水加工処理を施した専用ファブリックシート表皮
・専用の黒色本革巻きステアリングホイール
・前席シートヒーター(グランドエスクードは運転席のみ)
・本革巻きATシフターおよびトランスファーレバー、木目調フロアコンソールガーニッシュ

価格は、グランドエスクードがベース車の3.0万円高で、232.8万円。エスクードは、プラス10.0万円で、195.8万円。それぞれ500台の限定販売となる。

(webCG 有吉)

 
スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
エスクード, グランドエスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキのコンパクトSUV「SX4 Sクロス」の安全装備が充実 2019.4.10 自動車ニュース スズキは2019年4月10日、コンパクトSUV「SX4 Sクロス」の仕様を一部変更し、同日に販売を開始した。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの安全装備が標準装着されている。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る