ブガッティ最強の「ヴィテッセ」は2億3000万円

2012.08.01 自動車ニュース

ブガッティ最強の「ヴィテッセ」は2億3000万円

ブガッティの正規輸入元であるニコル・レーシング・ジャパン(神奈川県川崎市)は2012年7月31日、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」のオープンモデル「グランドスポーツ」シリーズの新価格を発表した。

新価格は「ヴェイロン16.4グランドスポーツ」が1億7870万円で、新たにラインナップに加わった高性能モデル「ヴェイロン16.4グランドスポーツ ヴィテッセ」が2億3000万円(いずれも消費税込み)。これら価格には、専用コンテナボックスによる日本までの車両空輸費用と、フランス・モールスハイムにあるブガッティ社を訪問するためのファーストクラス航空券1枚分の費用が含まれている。なお、クーペモデルの「ヴェイロン16.4」は完売したという。

目下、最強のブガッティとなるヴェイロン16.4グランドスポーツ ヴィテッセは、2012年3月のジュネーブショーで発表された。2010年に431km/hを記録してギネスブックに載った「ヴェイロン スーパースポーツ」と同じ、1200psの8リッターW16クワッドターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速2.6秒、最高速410km/hという卓越した動力性能を誇る。

(webCG 竹下)

「ブガッティ・ヴェイロン16.4グランドスポーツ ヴィテッセ」
「ブガッティ・ヴェイロン16.4グランドスポーツ ヴィテッセ」 拡大
「ヴェイロン16.4グランドスポーツ」
「ヴェイロン16.4グランドスポーツ」 拡大

関連キーワード:
ヴェイロン16.4, ブガッティ, 自動車ニュース

ブガッティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • “クラシック”はカネになる? これがスポーツカービジネスの新たな道 2020.6.19 デイリーコラム 極度の高性能化に、社会的な制約。現代のスポーツカーには、ファンが楽しむ余地はあまり残されていない。では、スポーツカーメーカーはどんな提案ができるのか? ポルシェのニューモデルにはそのヒントがあるようだ。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • ピニンファリーナのハイパーEV「バッティスタ」が日本上陸 2019.12.3 自動車ニュース アウトモビリ・ピニンファリーナのハイパーEV「ピニンファリーナ・バッティスタ」の日本国内における販売を手がけるSKYグループは2019年12月3日、同モデルを東京都内で披露した。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
ホームへ戻る