【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

2005.12.02 自動車ニュース

【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

2005年の東京モーターショーで正式に市販モデルとして発表された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」。1億6300万円(予定)という超高級車、最高出力1001psというモンスターマシンに同乗できる機会が訪れた。舞台は富士スピードウェイ本コース。豪快な走りっぷりを動画でお楽しみ下さい。

■最高速は407km/h!

新生富士スピードウェイに用意された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」は2台。世界で合計300台しか生産されないうちの、貴重な2台である。

まず、ブガッティ・ヴェイロン16.4の性能をおさらいしておこう。搭載エンジンは8リッターW16ユニットで、4輪を駆動する。16.4という車名の由来はここにあるわけだ。組みあわせられるトランスミッションは7段のDSG。

最高出力1001ps/6000rpm、最大トルク127.6kgm/2200-5500rpmというモンスターユニットを持つマシンのパフォーマンスは、最高速407km/h、0-100km/h加速わずか2.5秒というもの。
前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションに、ミシュランPAXシステムを採用したランフラットタイヤを装着。前400mm/後380mmという大径のブレーキディスクローターは、それぞれ8ポッド、6ポッドのピストンがあてがわれ、強力な制動力を発揮する。

■3種類ある走行モード

走行状況に応じて、3種類のエアロダイナミクスのモードが用意される。通常走行(といっても220km/hまで対応)の「スタンダード」、高速でのハンドリングを高める「ハンドリング」、そして375km/h以上を目指す「トップスピード」だ。それぞれ、車高やディフューザー、スポイラーの角度が変わる。
なお、ハイスピードモードに変更するには、車両を一旦停止させ、サイドシル付近にあるもう一つの鍵穴に専用のキーを差し込まなければならない仕組みである。また急減速時には、速度や減速Gに応じてリアスポイラーが跳ね上がり、エアブレーキも使用される。次々と行われる体験試乗はそれぞれ2周ほどだが、ピットイン毎にドイツ人エンジニアが車両をチェック。さらに、頻繁にガソリン給油がなされていた。100リッターもある燃料タンクはすぐに空になってしまうらしい。

さて、そろそろリポーターの乗り込む順番である。
(後編へつづく)

(webCG 本諏訪)

【関連記事】
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
ブガッティ・ヴェイロン16.4:ついに量産に漕ぎ着けたヴェイロンが幕張に登場
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017385.html
【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017335.html

 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)の画像

左から2人目が「ヴェイロン16.4」の開発責任者である、Dr.シュライバー。この試乗会のためにわざわざ来日した。
 

	左から2人目が「ヴェイロン16.4」の開発責任者である、Dr.シュライバー。この試乗会のためにわざわざ来日した。
	 


 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)の画像

【W16エンジンがうなる!】
「ブガッティ・ヴェイロン16.4」の美しい造形、そして豪奢なインテリア。対してどう猛なW16エンジンと、その走りの模様を動画でご覧下さい。



(撮影/編集=webCG関)
 

	【W16エンジンがうなる!】
	「ブガッティ・ヴェイロン16.4」の美しい造形、そして豪奢なインテリア。対してどう猛なW16エンジンと、その走りの模様を動画でご覧下さい。
	
	
	
	(撮影/編集=webCG関)
	 

コンピュータをつなげて、車両の状態をチェックするドイツ人エンジニア。タイヤの空気圧や温度、ブレーキの減りも確認する。
 

	コンピュータをつなげて、車両の状態をチェックするドイツ人エンジニア。タイヤの空気圧や温度、ブレーキの減りも確認する。
	 

関連キーワード:
ヴェイロン16.4, ブガッティ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
  • メルセデス・マイバッハSクラス/マイバッハGLS 2021.7.1 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は2021年7月1日、メルセデス・マイバッハの新型「Sクラス」と新型フルサイズSUV「GLS」の導入を発表した。“洗練されたラグジュアリー”をコンセプトとする両モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • 「ブガッティ・ヴェイロン16.4」にオープントップモデル追加 2008.8.7 自動車ニュース 仏ブガッティは、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」のオープントップモデルを発表した。
ホームへ戻る