日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ

1999.06.29 自動車ニュース

日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ(6/29)

日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。

新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。

新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。

エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。

新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。

グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。

「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)

 
日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジの画像

関連キーワード:
セドリック, グロリア, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場 2004.1.15 自動車ニュース 日産自動車は、タクシーなどに用いられる「セドリック・セダン」営業車に、V6のLPG(液化天然ガス)エンジンを搭載した「ブロアム」を追加設定、2004年1月13日に発売した。同エンジン搭載車は2002年8月に一旦生産中止されたが、動力性能などを向上させて再登場となった。
  • 日産、「セドリックセダン」の一部仕様を変更 2012.6.25 自動車ニュース 日産自動車は2012年6月25日、「セドリックセダン」の仕様を一部変更して発売した。
  • 日産自動車が新型車「e-POWERシルフィ」を世界初公開 2021.9.29 自動車ニュース 日産自動車は2021年9月29日、新型車「e-POWERシルフィ」を公開した。中国市場初の「e-POWER」搭載モデルであり、同国で2025年までに6モデルを投入する予定のe-POWER車の第1弾となっている。
  • 【上海ショー2019】日産が新型「シルフィ」を世界初公開 2019.4.16 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月16日、中国・上海で開催中の上海モーターショー(開催期間:2019年4月16日~25日)において、新型「シルフィ」を世界初公開した。ドライバーをサポートする最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術や先進の安全装備を採用している。
  • 日産、中国で電気自動車版「シルフィ」の生産を開始 2018.8.27 自動車ニュース 日産自動車の中国における合弁会社、東風汽車有限公司(DFL)の乗用車部門である東風日産乗用車公司(東風日産)は2018年8月27日、日産ブランドとして初めて中国市場に投入する電気自動車(EV)「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始したと発表した。
ホームへ戻る