ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売

2000.04.03 自動車ニュース

ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売(4/3)

ダイハツ工業は、新型セダン「アルティス」を3月30日より発売した。

「アルティス」は、4月に生産中止されるフラッグシップカー「アプローズ」を継ぐかたちで設定された上級セダン。トヨタ自動車「カムリ」のOEMモデルだ。名前は、英語のaltitude(高度)の造語で、「高い地位」を表しているという。

カムリ同様、余裕あるボディサイズが特徴的。快適さと高級感をウリとしている。エンジンは2.2リッター直4で140ps・19.5kgm。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動、トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみの設定となる。

機能面では、トランクオープナー付キーレスエントリー、エクステンションプレート付サンバイザー、カップホルダーなどが標準装備。加えて全面UVカットガラス、クリーンエアフィルターなども備わる。

さらに安全面でも、ブレーキアシスト付ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付シートベルト、デュアルSRSエアバッグなど標準装備。車体は衝撃安全ボディ「TAF」だ。

価格は「2.2 SLパッケージ」の209.0万円から「2.2 Four SXパッケージ」の263.0万円まで。

「カムリ2.2」が226.3万円ですから、「アルティス」は若干割安。しかし国内月販目標が100台という設定に、ラインアップの補欠的モデルである性(さが)を感じます。(WebCG 有吉)

 
ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売の画像

関連キーワード:
アルティス, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツが4ドアセダン「アルティス」を一部改良 デザインを変更し安全装備を強化 2021.2.2 自動車ニュース ダイハツが4ドアセダン「アルティス」を一部改良。フロントマスクを変更したほか、運転支援システムに交差点の右左折時の対歩行者検知機能やドライバー異常時対応機能を追加した。ラインナップでは従来のFF車に加え、4WD車を設定している。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ダイハツが「アルティス」の予防安全装備を強化 2020.8.5 自動車ニュース ダイハツ工業は2020年8月5日、「アルティス」を一部改良し、販売を開始した。今回は隣接車線の死角領域にいる車両を検知してドアミラーのLEDインジケーターでドライバーに警告する安全機能のブラインドスポットモニターを標準装備とした。
  • ハイブリッドの新型ダイハツ・アルティス発売 2012.5.10 自動車ニュース ダイハツ工業は、ハイブリッドカーの新型「ダイハツ・アルティス」を、2012年5月10日に発売した。
  • 日産ノート オーラ 2021.6.15 画像・写真 日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。同年秋の発売を前に、専用ワイドボディーやこだわりの内装を採用した新型プレミアムコンパクトの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る