ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売

2002.04.05 自動車ニュース

ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売

ランドローバージャパンは、小型オフローダー「フリーランダー」の最新モデルを、2002年3月30日に発売した。

ランドローバーの“末弟”である「フリーランダー」は、1997年に登場したコンパクトな4×4モデル。日本では2001年2月3日から販売が開始された。2002年モデルとも言うべき最新型は、インテリアトリムやエクステリアデザインに変更が加わった。

外装は、前後バンパーやホイールアーチを、従来のグレーからブラックに変更。リアインジケーターランプとボディ側面のウインカーランプは、オレンジ色から「クリアスモーク」に変わった。ボディ色には、「ヴィエナ・グリーン」「ザンベジ・シルバー」「ホワイト・ゴールド」の3色を追加、全10色とした。
インテリアは、現行の明るいグレー「スモークストン」のトリムカラーに、ブラックを追加。最上級グレード「5ドア ES」は、この2色のうちどちらかの本革内装、またエントリーモデルの「5ドア S」は、この2色にマール地かキャンバス地を組み合わせた「クロスシート」を採用した。スポーティな「3ドア GS」は、組み合わされる生地が「ジャングル」か「トレック柄」となる。

さらに、追加されたブラックのインテリアに合わせて、センターコンソール、メーターまわりも黒に統一。ヒーターコントロールやスピーカーの周囲は、3ドアモデルが「ガンメタリック」、5ドアモデルは黒に変更された。インパネのデザインも、黒地に白のグラフィックとなり、表示フォントのデザインを変更、スポーティさを強調したという。

価格は据え置かれた。5ドア Sが295.0万円、3ドア GSが315.0万円、最上級モデルの5ドア ESは、335.0万円。

詳しくは、フリーダイヤル:0120-18-5568まで。

(webCG オオサワ)

 
ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売の画像

関連キーワード:
フリーランダー, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • ランドローバー・レンジローバーFifty(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.21 試乗記 ランドローバーの旗艦「レンジローバー」がデビュー50周年を迎えた。世界限定1970台の「Fifty(フィフティー)」は、このアニバーサリーを祝う特別なモデルだ。コマンドポジションの運転席に収まり、砂漠のロールス・ロイスが駆け抜けた偉大なる半世紀に思いをはせた。
ホームへ戻る