日産、「ウイングロード」の一部仕様を変更

2012.06.21 自動車ニュース

日産、「ウイングロード」の一部仕様を変更

日産自動車は、「ウイングロード」の一部仕様を変更し、2012年6月20日に発売した。

今回の仕様変更では、2012年7月以降の生産車に適用される安全法規に対応し「ウイングロード」全グレードで、後席中央シートELR付き3点シートベルトと後席ISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーが装備された。併せて、自立式シートベルトバックルも採用された。

価格は、151万4100円〜202万8600円。

また、日産自動車の関連会社 オーテックジャパンの手になるカスタマイズカー「ウイングロード ライダー」も、ベースとなる「ウイングロード」と同様の変更を受けた。

価格は、215万7750円〜233万8350円

(webCG)

「日産ウイングロード 15M Vリミテッド」
「日産ウイングロード 15M Vリミテッド」 拡大
「ウイングロード ライダー」
「ウイングロード ライダー」 拡大

関連キーワード:
ウイングロード, 日産, 自動車ニュース