2013年型「レンジローバー イヴォーク」受注開始

2012.06.13 自動車ニュース

2013年型「レンジローバー イヴォーク」受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2012年6月12日、プレミアムSUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」2013年モデルの概要を発表。同日、受注を開始した。

2013年モデルの「レンジローバー イヴォーク」は、フロントグリルにランドローバーのオーバルバッジが追加されたほか、外板色の変更、「Dynamic Plusパック」および「Pureラグジュアリーパック」に含まれるシートやホイールの選択肢の拡張、一部オプション装備の価格改定などが行われた。

変更点の詳細は以下のとおり
■全グレードのフロントグリルにランドローバーのオーバルバッジを追加
■外板色ラインナップの変更
・ゴールウェイグリーン(メタリック)を廃止、新色エイントリーグリーン(メタリック)を追加
■Dynamic Plus パック(「イヴォーク クーペ ダイナミック」が対象)の内容および価格の変更
・標準のインテリアトリムフィニッシャーをテクスチャード・アルミニウムに変更
・アイボリースポーツバケットシートを追加
・「プレステージ」で採用されているオックスフォードレザーシートを選択可能に
・オプション価格の変更 45万円を42万5000円に値下げ
■Pure ラグジュアリーパック(全グレード対象)の内容・価格変更
・18インチスタイル2アロイホイールを削除、ホイールが自由に選択可能に
・オプション価格の変更 32万円を26万円に値下げ(5ドアモデル)
29万円を23万円に値下げ(クーペモデル)
■「イヴォーク クーペ ダイナミック」モデルに標準装備となっていたリアスポイラー エアロフリップをオプション装備に変更 (オプション価格は2万円)
■プレミアムメタリックのオプション価格変更
・「イヴォーク ピュア」「イヴォーク クーペ ピュア」 13万円を18万円に値上げ
・「イヴォーク プレステージ」「イヴォーク クーペ ダイナミック」 4万円を9万円に値上げ
■19インチ スタイル5 アロイホイールの仕上げをダイヤモンドターンド・フィニッシュからスパークルシルバー・フィニッシュに変更

モデル構成と価格に変更はない。
レンジローバー イヴォーク ピュア:450万円
レンジローバー イヴォーク プレステージ:578万円
レンジローバー イヴォーク クーペ ピュア:470万円
レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:598万円

(webCG)

写真は2012年4月に発表された「レンジローバー イヴォーク スペシャルエディション」。
写真は2012年4月に発表された「レンジローバー イヴォーク スペシャルエディション」。 拡大

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
ホームへ戻る