アルファの「ジュリエッタ」に新グレード登場

2013.06.12 自動車ニュース
アルファ・ロメオ ジュリエッタ クラシカ
アルファ・ロメオ ジュリエッタ クラシカ
    拡大

アルファの「ジュリエッタ」にクラシックな新グレード

フィアット クライスラー ジャパンは2013年6月12日、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」に新グレード「クラシカ(Classica)」を追加設定し、同年6月22日に発売すると発表した。

「ジュリエッタ クラシカ」は、ナチュラルカラーのレザーシートが特徴の新グレード。パワートレインは、1.4リッターターボ「マルチエア」エンジンと6段の乾式デュアルクラッチ式AT「Alfa TCT」との組み合わせで、足まわりはベーシックグレード「スプリント(Sprint)」と同じノーマルサスペンションが設定される。アルファ伝統の7穴デザイン17インチアロイホイールもクラシカ専用の装備となる。

ボディーカラーは、今回ジュリエッタの全グレードに追加された新色「メタリック レッド」を含む、全6色が用意される。

ジュリエッタの新ラインアップと価格は以下の通り。

・スプリント(1.4リッターターボ+6AT):318万円(受注生産)
・クラシカ(1.4リッターターボ+6AT):348万円
・コンペティツィオーネ(1.4リッターターボ+6AT):358万円(受注生産)
・スポルティーバ(1.4リッターターボ+6AT):368万円
・クアドリフォリオ ヴェルデ(1.7リッター直噴ターボ+6MT):388万円

(webCG)

関連キーワード:
ジュリエッタ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリエッタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】 2010.8.3 試乗記 アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
    ……328.0万円

    “ベビー・アルファ”「ミト」に、新型エンジンを搭載する最上級グレードが登場。クローバーのエンブレムに込められた、その実力のほどは?
  • アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.20 試乗記 アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)
    ……318万円

    アルファ・ロメオのコンパクトハッチ「ミト」にオートマチックトランスミッションを搭載した新グレードが登場。新型の走りと乗り心地を試す。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
ホームへ戻る