アルファの「ジュリエッタ」に新グレード登場

2013.06.12 自動車ニュース
アルファ・ロメオ ジュリエッタ クラシカ
アルファ・ロメオ ジュリエッタ クラシカ
    拡大

アルファの「ジュリエッタ」にクラシックな新グレード

フィアット クライスラー ジャパンは2013年6月12日、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」に新グレード「クラシカ(Classica)」を追加設定し、同年6月22日に発売すると発表した。

「ジュリエッタ クラシカ」は、ナチュラルカラーのレザーシートが特徴の新グレード。パワートレインは、1.4リッターターボ「マルチエア」エンジンと6段の乾式デュアルクラッチ式AT「Alfa TCT」との組み合わせで、足まわりはベーシックグレード「スプリント(Sprint)」と同じノーマルサスペンションが設定される。アルファ伝統の7穴デザイン17インチアロイホイールもクラシカ専用の装備となる。

ボディーカラーは、今回ジュリエッタの全グレードに追加された新色「メタリック レッド」を含む、全6色が用意される。

ジュリエッタの新ラインアップと価格は以下の通り。

・スプリント(1.4リッターターボ+6AT):318万円(受注生産)
・クラシカ(1.4リッターターボ+6AT):348万円
・コンペティツィオーネ(1.4リッターターボ+6AT):358万円(受注生産)
・スポルティーバ(1.4リッターターボ+6AT):368万円
・クアドリフォリオ ヴェルデ(1.7リッター直噴ターボ+6MT):388万円

(webCG)

関連キーワード:
ジュリエッタ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリエッタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.20 試乗記 アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)
    ……318万円

    アルファ・ロメオのコンパクトハッチ「ミト」にオートマチックトランスミッションを搭載した新グレードが登場。新型の走りと乗り心地を試す。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
ホームへ戻る