第76回:騙されてつながった赤い糸

2018.02.06 カーマニア人間国宝への道

いつかはフェラーリ

安物買いの銭失いな激安中古イタリア車を乗り継ぎ、貧乏に拍車がかかっていた安ド二等兵(41)。見かねたMJ参謀長が「いい加減、ほぼ絶対壊れない国産中古を買え!」と厳命し、約20年ぶりの国産中古車選びが始まった。

MJ参謀長(以下 M):いよいよ安心安全な国産中古車に乗り換えることになったわけだが、しかし思えばよく納得したものだ。なにしろお前も昔は、「いつか絶対フェラーリ買います!」と誓った男。

安ド二等兵(以下 安):絶対買うつもりだったんですが、貯金ができなくて……。

M:貯金どころか借金が増えるだけだったな。

安:それでも20代のうちは、いつか買える気がしてたんですが、30代も半ばになると、「さすがに無理かもしれない」と思い始めました。なので「アルファ166」は、フェラーリの代わりだったんです。

M:それは初耳だぞ!

安:一応パワフルですし、デカいじゃないですか。ちょびっとフェラーリ気分が味わえるかと思いまして。

M:内装が溶けるのも同じだしな。それが国産コンパクトへの乗り換えを決意したんだから、かなりの諦観(ていかん)だ。

安:取りあえず、子供がある程度大きくなるまでは我慢しようと決めました。ただ、どうしてもMTだけは捨てられなくて。なにしろこれまでの愛車、全部MTですから。

M:いざ国産コンパクトのMTを探してみたら、驚くほどタマ数が少なかった……。

安:殿の知り合いの業者さんに、オークションで落としてもらうようお願いしましたが、まるで出てこず、たまたまネットで見つけた赤い「デミオ」の「1.5スポルト5MT」に行きついた次第です。

安ド二等兵(左)とMJ参謀長(清水草一)。
安ド二等兵(左)とMJ参謀長(清水草一)。拡大
安ド二等兵が以前所有していた「アルファ166」。
安ド二等兵が以前所有していた「アルファ166」。拡大
安ド二等兵が所有していた「アルファ166」のインテリア。
安ド二等兵が所有していた「アルファ166」のインテリア。拡大
“赤い糸号”こと、安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。
“赤い糸号”こと、安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
ホームへ戻る