ツートンカラーのダイハツ・ムーヴコンテ登場

2013.07.02 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴコンテ X」
「ダイハツ・ムーヴコンテ X」
    拡大

ツートンカラーの「ダイハツ・ムーヴコンテ」登場

ダイハツ工業は2013年7月1日、軽乗用車「ムーヴコンテ」を一部改良し、販売を開始した。

ツートンカラーは「ナチュラルカラー(マスカットグリーンメタリック×パールホワイトIII)」「フレッシュカラー(ミストブルーマイカメタリック×パールホワイトIII)」「スウィートカラー(ムースピンクパール×パールホワイトIII)」の全3種類。
ツートンカラーは「ナチュラルカラー(マスカットグリーンメタリック×パールホワイトIII)」「フレッシュカラー(ミストブルーマイカメタリック×パールホワイトIII)」「スウィートカラー(ムースピンクパール×パールホワイトIII)」の全3種類。
    拡大
「ムーヴコンテ X」のインパネまわり。
「ムーヴコンテ X」のインパネまわり。
    拡大
「ムーヴコンテ X」のシート。
「ムーヴコンテ X」のシート。
    拡大
「ムーヴコンテ カスタム」
「ムーヴコンテ カスタム」
    拡大

今回の改良では、ボディーカラーのカラーバリエーションを一新。ムーヴコンテには「マスカットグリーンメタリック」「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」「ムースピンクパール」の3色が、「ムーヴカスタム」には「ミストブルーマイカメタリック」が追加されたほか、ムーヴコンテでは3種類のツートンカラーも選べるようになった。

一方インテリアでは、ムーヴコンテのインパネとシートのアクセントカラーを、レッドからグリーンに変更。オーディオのデザインも変更されたほか、新たに3眼式のメーターが採用された。

パワートレインの改良も図られており、全仕様でCVTのフルードを低粘度化したほか、ターボ車の「カスタムRS」を除く全車にCVTサーモコントローラーを採用。また自然吸気(NA)エンジン搭載のFF車では、減速時にアイドリングストップが作動する車速が従来の7km/hから9km/hに引き上げられた。
これらの改良により、ムーヴコンテはNAのFF車で27.6km/リッター(JC08モード)の低燃費を実現。NAの全車がエコカー減税の免税対象車となった。

このほかにも、前後ブレーキのサイズアップによって制動力を強化。ダッシュサイレンサー(防音材)の性能やカウルの剛性の向上、スターターギアの改良などによって、車内に届く騒音を低減したほか、乗り心地を改善するためにブッシュの特性も変更された。

装備も強化しており、運転席シートリフターなどからなるアジャスタブルパックを全車に、キーフリー連動オート格納式ドアミラーやキーフリー電池残量警告灯を、「L」を除く全グレードに採用した。

価格とラインナップは以下の通り。
・L:112万5000円(FF)/124万6000円(4WD)
・X:122万5000円(FF)/134万6000円(4WD)
・G“NAVI”:132万5000円(FF)/144万6000円(4WD)
・カスタムX:132万5000円(FF)/144万6000円(4WD)
・カスタムG:142万5000円(FF)/154万6000円(4WD)
・カスタムRS:149万5000円(FF)/161万6000円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
ムーヴコンテ, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴコンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
ホームへ戻る