カーボン調ルーフのダイハツ・ミラ イース登場

2015.04.09 自動車ニュース
「2トーンパック」を採用した「ミラ イース」。
「2トーンパック」を採用した「ミラ イース」。 拡大

ダイハツが「ミラ イース」など軽乗用車3車種を一部改良

ダイハツ工業は2015年4月8日、軽乗用車「ミラ イース」「ムーヴコンテ」「ミラ ココア」の3モデルに一部改良を施し、発売した。

「ミラ ココア」
「ミラ ココア」 拡大
「ムーヴ コンテ」
「ムーヴ コンテ」 拡大

■ミラ イースではカーボン調のルーフが選択可能に

今回の改良では、ミラ イースにオプションとして、ダイハツ独自のラッピング工法「Dラッピング(カーボン調成型PCV貼付)」をルーフに採用した「2トーンパック」を新設定した。2トーンパックの内容はDラッピングを施したルーフとブラック塗装ドアミラー、Bピラーブラックアウト、メッキアウタードアハンドルからなっており、今回の一部改良に合わせて設定された特別仕様車「X“リミテッドSA”」「Xf“リミテッドSA”」に加え、「G“SA”」「Gf“SA”」の4グレードで、ボディーカラーが「シャイニングレッド」「フェスタイエロー」「パールホワイトIII」の場合に選択できる。オプション価格は3万2400円。

このほかにも、ミラ イース全車に坂道での再発進をサポートする「ヒルホールドシステム」を採用したほか、アイドリングストップ機構についても、従来の「ブレーキペダルを離す」場合に加え、「ステアリングを切る」ことでもエンジンが再始動するように変更した。

またミラ ココアとムーヴ コンテについては、「ムーヴ」に採用しているボイスコントロールナビを新設定。同時に、ミラ ココアのナビゲーション標準装着グレードの名称を「X“リミテッド”」「プラスX“リミテッド”」に変更した。ムーヴ コンテでは「L」と特別仕様車「L“VS II”」を除く全グレードにオプションで用意している。

各モデルの価格は以下の通り。
・ミラ イース:76万6286円~131万6572円
・ミラ ココア:118万8000円~165万2400円
・ムーヴコンテ:115万7143円~166万2172円

(webCG)
 

関連キーワード:
ミラココア, ムーヴコンテ, ミライース, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミラココア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る