ダイハツの軽にお買い得な新グレード

2010.05.06 自動車ニュース

ダイハツの軽にお買い得な新グレード

ダイハツ工業は2010年5月6日、軽乗用車「ムーヴ」「ムーヴコンテ」「ミラ ココア」に新グレードをそれぞれ設定。「ムーヴコンテ」には特別仕様車も設定し、発売した。

「ムーヴ」に追加されたのは、最上級グレードとなる「“VSIII”」。
マルチインフォメーションディスプレイやキーフリーシステム、オートエアコン、14インチアルミホイールなど装備を充実させつつ、FF車で120万円(4WD車は132万1000円)と「お買い得な価格設定」にしたという。

いっぽう、「ムーヴコンテ」と「ミラ ココア」には、もっとも廉価な「X“Special”」が登場。ともに、タコメーター付きの3眼メーターや、瞬間燃費計、ABSなど人気の装備をキープする、これまた「お買い得」な仕様とのこと。
価格は、「ムーヴコンテX“Special”」が110万円(FF)と122万1000円(4WD)で、「ミラ ココアX“Special”」が110万円(FF)と123万7000円(4WD)。

なお、3車とも、従来の4段ATは廃されCVTとなった。

さらに、「ムーヴコンテ」には、人気キャラクター「カクカク・シカジカ」をあしらったホイールキャップやデカールのほか、ルーフアンテナやミラーターンランプ、キーフリーシステムを装備する特別仕様車「X“+S”」も設定された。

価格はFF車が118万円で、4WDが130万1000円。

(webCG 関)

「ムーヴ“VSIII”」
「ムーヴ“VSIII”」 拡大
「ミラ ココアX“Special”」
「ミラ ココアX“Special”」 拡大
「ムーヴコンテX“+S”」
「ムーヴコンテX“+S”」 拡大

関連キーワード:
ミラココア, ムーヴコンテ, ムーヴ, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミラココア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツが「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良 LEDヘッドランプを一部グレードに標準装備 2019.11.1 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年11月1日、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良し、販売を開始した。スマートアシストIII付きグレードに「LEDヘッドランプ」を標準装備したほか、アトレー ワゴンの外装色にレーザーブルークリスタルシャインを追加した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る