モノトーンの特別な「トヨタ・ウィッシュ」登場

2013.09.20 自動車ニュース
「トヨタ・ウィッシュ 1.8S“MONOTONE”」
「トヨタ・ウィッシュ 1.8S“MONOTONE”」
    拡大

モノトーンの特別な「トヨタ・ウィッシュ」登場

トヨタ自動車は2013年9月19日、ミニバン「ウィッシュ」に特別仕様車「1.8S“MONOTONE(モノトーン)”」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、スポーティーな内外装の「1.8S」を、白と黒のモノトーンでコーディネートしたものだ。

ボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャインとブラックの2色で、いずれの場合もフロントエアロバンパーの中央部をブラックで塗装。フロントグリルのバーやフォグランプのガーニッシュにはスモークメッキを採用しており、アウトサイドドアハンドルにはクロムメッキの加飾を施している。

一方、インテリアカラーはダークグレーのみの設定で、ボディーカラーがホワイトの車両はホワイトの、ブラックの車両はブラックのセンタークラスターとウィンドウスイッチベースを装備している。

このほかにも、ブラックとオフホワイトを組み合わせたファブリック+合成皮革の専用コンビシートや、シルバー調ベゼルとシルバーステッチをあしらった本革巻き3本スポークステアリングホイール、専用ファブリックのドアトリム、合成皮革のヘッドレストなどを採用。スマートエントリー&スタートシステムと盗難防止システムを標準で備えるなど、装備も強化している。

価格はFF車が221万円、4WD車が239万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ウィッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ウィッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
ホームへ戻る