マツダが「ロードスター」を一部改良

2013.12.06 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRS」
「マツダ・ロードスターRS」
    拡大

マツダが「ロードスター」を一部改良

マツダは2013年12月6日、オープン2シータースポーツ「ロードスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、これまでアルミホイールとのセットオプションだったレカロ社製バケットシート(アルカンターラ/本革)を、シートヒーターとともに「RS」「RS RHT」に16万8000円の単独オプションとして設定。フォグランプをパワーリトラクタブルハードトップ車の全グレードと、ソフトトップ車の「RS」に標準装備した。

またソフトトップ車のルーフの生地を、従来のビニール素材からブラックのクロス地に変更。クルマの横滑りを抑制するDSC(ダイナミックスタビリティーコントロールシステム)+TSC(トラクションコントロールシステム)と、ステアリングシフトスイッチを、パワーリトラクタブルハードトップ車のエントリーグレード「S RHT」にも標準で採用した。

価格はソフトトップ車が233万1000円~262万5000円、パワーリトラクタブルハードトップ車が273万円~294万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」にデビュー10周年を記念した特別仕様車登場 NEW
    「ダイハツ・ミラ イース」にデビュー10周年を記念した特別仕様車登場NEW 2021.10.25 自動車ニュース ダイハツ工業は2021年10月25日、軽乗用車「ミラ イース」にデビュー10周年を記念した特別仕様車「L“SAIII 10thアニバーサリーエディション”」を設定し、販売を開始した。
  • BMW R nineTスクランブラー(6MT)【レビュー】 2021.10.19 試乗記 エンジンの改良により、厳しい環境規制をクリアした「BMW R nineT」シリーズのなかから、程よいオフロードテイストが魅力の「R nineTスクランブラー」に試乗。その走りからは、これからも空油冷フラットツインの魅力を伝えていきたいというBMWの意思が感じられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.16 試乗記 「ゴーカートフィーリング」と表現されることが多いMINIのなかでも、3ドアの「ジョンクーパーワークス」こそが保守本流であり、“THEゴーカート”である。ガチガチに固められたハードな足まわりに、心ゆくまで揺すられてみた。
ホームへ戻る