「三菱アウトランダー」仕様変更で上質感アップ

2014.01.31 自動車ニュース
「三菱アウトランダー24G Navi Package」
「三菱アウトランダー24G Navi Package」
    拡大

「三菱アウトランダー」仕様変更で上質感アップ

三菱自動車は、SUV「アウトランダー」の仕様を一部変更し、2014年1月31日に発売した。

 

今回の変更では、新デザインのフロントメッキグリルやシルバーの前後スキッドプレート、前後フェンダーのホイールアーチモールなどを追加したほか、クリアレンズのLEDリアコンビランプを採用。「プレミアムツーリングSUVとしての力強さ、スポーティーさ、上質感をさらに高めた」という。
インテリアでは、シート生地の縫製をシルバーのダブルステッチとした点が新しい。

また、サスペンションにリバウンドスプリング内蔵ダンパーを採用することで、操縦安定性を向上。ボディー、シャシーの遮音・制振も強化し、快適性の向上を図った。

ボディーカラーは、新設定の「レッドメタリック」を含む全7色。価格は「20G」(FF/CVT)の242万6550円から、「24G Navi Package」(4WD/CVT)の309万9600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱が新型「アウトランダー」を発表 アメリカなどで2021年4月に発売 2021.2.17 自動車ニュース 三菱がクロスオーバーSUVの新型「アウトランダー」を発表。4代目となる新型は、デザインも車両構造も従来型から刷新されており、新開発のプラットフォームと進化した4WD制御によって高められた走行性能や、上質な車内空間などが特徴として挙げられている。
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • 三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表 2005.8.5 自動車ニュース 三菱自動車は、2005年度に国内でリリースを予定する2車種、SUV「アウトランダー」と軽「i(アイ)」に搭載するエンジンを、2005年8月4日に発表した。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
ホームへ戻る