「三菱アウトランダー」仕様変更で上質感アップ

2014.01.31 自動車ニュース
「三菱アウトランダー24G Navi Package」
「三菱アウトランダー24G Navi Package」
    拡大

「三菱アウトランダー」仕様変更で上質感アップ

三菱自動車は、SUV「アウトランダー」の仕様を一部変更し、2014年1月31日に発売した。

 

今回の変更では、新デザインのフロントメッキグリルやシルバーの前後スキッドプレート、前後フェンダーのホイールアーチモールなどを追加したほか、クリアレンズのLEDリアコンビランプを採用。「プレミアムツーリングSUVとしての力強さ、スポーティーさ、上質感をさらに高めた」という。
インテリアでは、シート生地の縫製をシルバーのダブルステッチとした点が新しい。

また、サスペンションにリバウンドスプリング内蔵ダンパーを採用することで、操縦安定性を向上。ボディー、シャシーの遮音・制振も強化し、快適性の向上を図った。

ボディーカラーは、新設定の「レッドメタリック」を含む全7色。価格は「20G」(FF/CVT)の242万6550円から、「24G Navi Package」(4WD/CVT)の309万9600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「三菱アウトランダー」 2012.3.6 画像・写真 ジュネーブモーターショーで発表された「三菱アウトランダー」(欧州仕様)の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • 第2回:北の大地をボルボで駆ける 2013.12.27 「ボルボV40」を知る。見る。語る。 スタイル自慢の「ボルボV40」シリーズの中でも、とりわけ印象的な「V40クロスカントリー」。では、走りの質はどうなのか? 雪景色の北海道で試した。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」「ソリオ バンディット」がフルモデルチェンジ 2020.11.25 自動車ニュース スズキは2020年11月25日、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」および「ソリオ バンディット」をフルモデルチェンジし、同年12月4日に発売すると発表した。2005年に登場した初代ソリオから数え、今回のモデルが4代目となる。
ホームへ戻る