「マクラーレン650S」の最高速は333km/h【ジュネーブショー2014】

2014.03.03 自動車ニュース
「マクラーレン650Sクーペ」
「マクラーレン650Sクーペ」 拡大

【ジュネーブショー2014】「マクラーレン650S」の最高速は333km/h

英マクラーレンは、ジュネーブショーで公開する新型スポーツカー「650S」の動力性能データを明らかにした。650psを発生する3.8リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-400m加速は10.5秒で最高速は333km/hに達するという。

650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。 拡大
内装にはアルカンターラが採用される。
内装にはアルカンターラが採用される。 拡大

■「12C」をしのぐ加速性能

650Sの動力性能は、発進加速が0-100km/h:3.0秒、0-200km/h:8.4秒、0-300km/h:25.4秒、0-400m:10.5秒(到達速度224km/h)で、最高速が333km/hというもの(650Sクーペの数値。ただし、最高速のみ「650Sスパイダー」のもの)。
同社が23年前に発表したロードモデル「F1」と比較すると、0-200km/hで1秒、0-400mで0.6秒短縮されている。また、現在販売中の「12C」と比べても、0-200km/hは0.5秒以上速い数値となっているという。

このように卓越した動力性能を誇る一方で、スーパースポーツカーとしては環境性能にも優れるのが自慢。燃費は24.2mpg(約8.5km/リッター。EU基準の複合サイクル)で二酸化炭素の排出量は275g/kmと、12Cと同等に抑えられている。

650Sクーペの主要諸元は以下のとおり。

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4512×2093×1199mm/ホイールベース:2670mm/車重:1330kg/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:650ps/7250rpm/最大トルク:69.1kgm(678Nm)/6000rpm/タイヤ:(前)235/35R19、(後)305/30R20/制動距離:100-0km/h:30.5m、200-0km/h:123.1m、300-0km/h:271.0m。

英国での価格は650Sクーペが19万5250ポンド(約3390万円)、650Sスパイダーが21万5250ポンド(約3737万円)と発表されている(1ポンド=174円で計算)。

(webCG)

関連キーワード:
650S, 650S スパイダー, マクラーレン, ジュネーブモーターショー2014, 自動車ニュース

マクラーレン 650S の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る