「マクラーレン650S」の最高速は333km/h【ジュネーブショー2014】

2014.03.03 自動車ニュース
「マクラーレン650Sクーペ」
「マクラーレン650Sクーペ」 拡大

【ジュネーブショー2014】「マクラーレン650S」の最高速は333km/h

英マクラーレンは、ジュネーブショーで公開する新型スポーツカー「650S」の動力性能データを明らかにした。650psを発生する3.8リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-400m加速は10.5秒で最高速は333km/hに達するという。

650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。 拡大
内装にはアルカンターラが採用される。
内装にはアルカンターラが採用される。 拡大

■「12C」をしのぐ加速性能

650Sの動力性能は、発進加速が0-100km/h:3.0秒、0-200km/h:8.4秒、0-300km/h:25.4秒、0-400m:10.5秒(到達速度224km/h)で、最高速が333km/hというもの(650Sクーペの数値。ただし、最高速のみ「650Sスパイダー」のもの)。
同社が23年前に発表したロードモデル「F1」と比較すると、0-200km/hで1秒、0-400mで0.6秒短縮されている。また、現在販売中の「12C」と比べても、0-200km/hは0.5秒以上速い数値となっているという。

このように卓越した動力性能を誇る一方で、スーパースポーツカーとしては環境性能にも優れるのが自慢。燃費は24.2mpg(約8.5km/リッター。EU基準の複合サイクル)で二酸化炭素の排出量は275g/kmと、12Cと同等に抑えられている。

650Sクーペの主要諸元は以下のとおり。

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4512×2093×1199mm/ホイールベース:2670mm/車重:1330kg/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:650ps/7250rpm/最大トルク:69.1kgm(678Nm)/6000rpm/タイヤ:(前)235/35R19、(後)305/30R20/制動距離:100-0km/h:30.5m、200-0km/h:123.1m、300-0km/h:271.0m。

英国での価格は650Sクーペが19万5250ポンド(約3390万円)、650Sスパイダーが21万5250ポンド(約3737万円)と発表されている(1ポンド=174円で計算)。

(webCG)

関連キーワード:
650S, 650S スパイダー, マクラーレン, ジュネーブモーターショー2014, 自動車ニュース

マクラーレン 650S の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • ルマンの初勝利25周年を記念した特別な「マクラーレン720S」が登場 2020.6.22 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2020年6月17日、世界50台限定の特別仕様車「720Sルマン」を発表した。受注はすでに始まっており、同年9月にデリバリーが開始される。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
ホームへ戻る