三菱、年度内に「ランエボ」AT車の生産を終了

2014.07.10 自動車ニュース
「三菱ランサーエボリューションX GSRプレミアム」
「三菱ランサーエボリューションX GSRプレミアム」
    拡大

三菱、年度内に「ランサーエボリューションX」AT車の生産を終了

三菱自動車は2014年7月10日、「ランサーエボリューションX」に一部改良を実施した。5段MT車を同日、6段ツインクラッチSST車を8月1日に発売する。

 

今回の改良では、新たにウインカー付きドアミラーを装備したほか、フロントのドアトリムにアクセントとしてステッチを追加。ボディーカラーについては、これまで設定のあった「コズミックブルーマイカ」に代わり、「ライトニングブルーマイカ」を採用した。

ランサーエボリューションXの6段ツインクラッチSST車は2014年度内に生産を終了する予定で、今後、同車を成約したユーザーには「Twin Clutch SST FINAL」と打刻したアクセントスカッフプレートと、シフトパネルに装着するシリアルナンバー入りプレートが進呈される。

なお、5段MT車の「GSR」については、引き続き販売が行われる。

価格は以下の通り。
・GSR(5MT):389万9880円
・GSR(6AT):415万9080円
・GSRプレミアム(6AT):540万5400円

(webCG)
 

関連キーワード:
ランサーエボリューション, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/5MT)/GSR(4WD/2ペダル6MT)【試乗速報】 2007.10.2 試乗記 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/5MT)/GSR(4WD/2ペダル6MT)
    ……391万5450円/375万600円

    「三菱ギャラン・フォルティス」に続いて、派生モデルの枠を大きくはみ出した「ランサーエボリューションX」がついに発表された。北海道は十勝からの報告。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る