レンジローバー イヴォークの2015年モデル発売

2014.08.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)
    拡大

「レンジローバー イヴォーク」の2015年モデル、新たな顔ぶれで発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年8月8日、SUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の2015年モデルについて、ラインナップと価格を発表した。

 

レンジローバー イヴォークの2015年モデルは、これまでの「ピュア」「プレステージ」「クーペ ダイナミック」に、新たに5ドアモデルの「ダイナミック」と「オートバイオグラフィ」を加えた、全5車種での展開となる。

最上級モデルとなるオートバイオグラフィの特徴としては、以下の装備が挙げられる。
・ボディーサイドおよびテールゲートの「Autobiography」バッジ
・ブライトクロム仕上げのUサラウンド付きアトラスグリル
・アトラス仕上げのフォグランプサラウンド、トーアイアウトレット、トーアイカバーアウトレット
・サントリーニブラック仕上げのトーアイカバー、パークディスタンスコントロール
・パノラミックグラスルーフ
・アダプティブキセノンヘッドランプ
・中央パネルにパーフォレイト加工を施したオックスフォードレザーフロントシート
・パワーテールゲート
・ライトシルバーのコントラストが入ったダイヤモンドターンド仕上げの20インチアロイホイール

さらに今回、エクステリアカラーに新色「フェニックス・オレンジ」を追加。全12色がラインナップされる。
グレードによっては、周囲の状況によりヘッドランプを自動的に切り替える「オートマチック・ハイビーム・アシスト」や、前席および後席のシートヒーターとヒーテッドフロントスクリーンなどを組み合わせた「コールド・クライメイト・パック」といったオプションが用意される。

各モデルの価格は以下の通り。(※印は新たに追加されたもの)

・レンジローバー イヴォーク ピュア:473万円
・レンジローバー イヴォーク ダイナミック:605万円(※)
・レンジローバー イヴォーク プレステージ:605万円
・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:626万円
・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ:718万円(※)

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ジャガー・ランドローバーが新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初公開 2020.6.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバーが、新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初披露。日本仕様のインテリアが公開されるのは今回が初めてで、会場にはラグビープレーヤーで、新たにランドローバーのブランドアンバサダーとなった稲垣啓太選手も姿を見せた。
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」がついに上陸! 来日したデザイナーが語る このクルマの見どころとは? 2019.11.13 デイリーコラム いよいよ日本でも実車がお披露目された、新型「ランドローバー・ディフェンダー」。ブランドを象徴するニューモデルの見どころはどこなのか? 実物を目にしての第一印象と、来日したデザイナーが語るこのクルマならではの魅力を紹介する。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る