レンジローバー イヴォークの2015年モデル発売

2014.08.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)
    拡大

「レンジローバー イヴォーク」の2015年モデル、新たな顔ぶれで発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年8月8日、SUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の2015年モデルについて、ラインナップと価格を発表した。

 

レンジローバー イヴォークの2015年モデルは、これまでの「ピュア」「プレステージ」「クーペ ダイナミック」に、新たに5ドアモデルの「ダイナミック」と「オートバイオグラフィ」を加えた、全5車種での展開となる。

最上級モデルとなるオートバイオグラフィの特徴としては、以下の装備が挙げられる。
・ボディーサイドおよびテールゲートの「Autobiography」バッジ
・ブライトクロム仕上げのUサラウンド付きアトラスグリル
・アトラス仕上げのフォグランプサラウンド、トーアイアウトレット、トーアイカバーアウトレット
・サントリーニブラック仕上げのトーアイカバー、パークディスタンスコントロール
・パノラミックグラスルーフ
・アダプティブキセノンヘッドランプ
・中央パネルにパーフォレイト加工を施したオックスフォードレザーフロントシート
・パワーテールゲート
・ライトシルバーのコントラストが入ったダイヤモンドターンド仕上げの20インチアロイホイール

さらに今回、エクステリアカラーに新色「フェニックス・オレンジ」を追加。全12色がラインナップされる。
グレードによっては、周囲の状況によりヘッドランプを自動的に切り替える「オートマチック・ハイビーム・アシスト」や、前席および後席のシートヒーターとヒーテッドフロントスクリーンなどを組み合わせた「コールド・クライメイト・パック」といったオプションが用意される。

各モデルの価格は以下の通り。(※印は新たに追加されたもの)

・レンジローバー イヴォーク ピュア:473万円
・レンジローバー イヴォーク ダイナミック:605万円(※)
・レンジローバー イヴォーク プレステージ:605万円
・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:626万円
・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ:718万円(※)

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る