「日産ウイングロード」仕様変更 VDCが標準に

2014.09.13 自動車ニュース
「日産ウイングロード15M」
「日産ウイングロード15M」
    拡大

「日産ウイングロード」仕様変更 VDCが標準に

日産自動車は、「ウイングロード」の一部仕様を変更し、2014年9月12日に発売した。

「ウイングロード ライダー」
「ウイングロード ライダー」
    拡大

今回、ウイングロードの全車に、走行中の横滑りを防止するVDC(ビークルダイナミクスコントロール)が与えられるとともに、グレード体系が見直された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・15B:165万4560円
・15S:176万400円
・15Mオーセンティック:187万9200円
・15M:199万8000円
・15M Vリミテッド:204万6600円

この仕様変更にあわせて、日産の関連会社オーテックジャパンが手がけるカスタマイズモデル「ウイングロード ライダー」や、福祉車両「ウイングロード ライフケアビークル(LV)」シリーズでも、VDCが標準化された。

(webCG)

関連キーワード:
ウイングロード, 日産, 自動車ニュース

日産 ウイングロード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
ホームへ戻る