スカイライン200GT-tにステアバイワイヤ設定

2014.11.13 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
    拡大

日産、「スカイライン200GT-t」にステアバイワイヤを設定

日産自動車は2014年11月13日、「スカイライン200GT-t」にメーカーオプションとして「ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロール」を設定し、販売を開始した。

「ダイレクトアダプティブステアリング」
「ダイレクトアダプティブステアリング」 拡大
「アクティブレーンコントロール」
「アクティブレーンコントロール」 拡大

ダイレクトアダプティブステアリングは、ドライバーのハンドル操作を電気信号に置き換えてタイヤを操舵(そうだ)するステアリングシステムのこと。アクティブレーンコントロールとは、70km/h以上での高速走行時に車線をカメラで検知し、タイヤの角度と操舵反力を自動調整するシステムである。これらはセットオプションとして用意され、個別に選択することはできない。いずれもこれまでは「スカイライン350GTハイブリッド」に装備されるのみで、200GT-tには用意されていなかった。

また、ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロールを装着すると、ドライブモードセレクターの「パーソナルモード」で選択できるカスタマイズバリエーションが拡大。ステアリング制御の選択肢が4つに増えるとともに、選択項目としてアクティブレーンコントロールの制御が追加されることで、全72通りの中から任意の走行モードを選択することが可能となる。

なお、新オプションが設定されるのは「200GT-t Type P」と「200GT-t Type SP」の2グレードのみ。オプション価格は32万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る