クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日産 スカイライン 試乗記・新型情報

日産 スカイライン 試乗記 日産 スカイライン ニュース 日産 スカイライン 画像・写真
  • 2019.10.18 試乗記

    日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】

    デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。

  • 2019.10.9 デイリーコラム

    V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる?

    新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。

  • 2019.10.4 試乗記

    日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】

    「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。

  • 2019.9.5 試乗記

    日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】

    マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。

  • 2019.7.17 デイリーコラム

    大規模マイナーチェンジで復権なるか!?
    「日産スカイライン」の苦悩、そして前途

    2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。手放し運転が可能な運転支援システム「プロパイロット2.0」や新たなパワーユニットを搭載するなど、その改良内容は意欲的だが、長きにわたる販売面での低迷を反転させることはできるのだろうか。

  • 2019.7.16 画像・写真

    「日産スカイライン」発表会の会場から

    他の日産車に共通する「Vモーショングリル」や伝統の丸形4灯デザインのリアコンビネーションライトを採用し、手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を初搭載するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われた「スカイライン」。発表会の様子を、写真でリポートする。

  • 2019.7.16 自動車ニュース

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。エクステリアデザインや搭載エンジンの変更、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」の導入など、改良は多岐にわたっている。

  • 2018.5.1 エッセイ

    第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R

    清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 

  • 2018.4.24 エッセイ

    第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!?

    清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!

  • 2018.2.6 エッセイ

    第477回:貴重な「スカイラインGTS-R」のレースカーが復活!
    名車再生にまつわる魅惑のエピソードを紹介する

    日産名車再生クラブが1年の時間をかけてレストアした、欧州ツーリングカー選手権出場車の「スカイラインGTS-R」。作業の過程で明らかになった数々のエピソードを、実車の詳細な写真とともにリポートする。

  • 2017.12.20 自動車ニュース

    「日産スカイライン」が新デザインになって登場

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。

  • 2017.9.7 自動車ヒストリー

    第6回:1989年という特異点
    日本車が世界の頂点に立ったヴィンテージイヤー

    「日産スカイラインGT-R」に「ユーノス・ロードスター」「トヨタ・セルシオ」。自動車史に名を残すこれらの名車は、いずれも1989年に誕生している。それぞれのモデルのエピソードを通し、この年がいかにして「日本車のヴィンテージイヤー」となったかを振り返る。

  • 2017.8.30 トミカ大写真展

    【トミカプレミアムNo.11】日産スカイラインGT-R VスペックII Nur

    強力な直6ツインターボエンジン「RB26DETT」と電子制御4WDをはじめとしたハイテクを擁し、1989年に登場した“第2世代GT-R”。1999年デビューのR34型はその集大成にあたり、“最後の直6 GT-R”として今日でも根強い人気を保っている。

  • 2017.7.13 自動車ヒストリー

    第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン

    日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。

  • 2017.5.24 画像・写真

    日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年)

    欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。

  • 2017.5.22 自動車ニュース

    日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手

    毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。

  • 2017.5.13 エッセイ

    第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る

    今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。

  • 2017.5.9 自動車ニュース

    日産、大相撲五月場所に「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出

    日産自動車は2017年5月9日、同社の「スカイライン」が生誕60年を迎えたことを記念し、5月14日から始まる大相撲五月場所へ「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産として初の試みとなる。

  • 2017.4.20 自動車ニュース

    「スカイライン」の誕生60周年を祝うイベント開催

    日産自動車は2017年4月20日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナにおいて、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別イベント「SKYLINE TIMELINE(スカイライン タイムライン)」の記者発表会を開催した。

  • 2017.2.11 エッセイ

    第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して

    2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?

日産 スカイラインの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。