スバル・レヴォーグに充実装備の特別仕様車

2014.12.11 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」 拡大

「スバル・レヴォーグ」に充実装備の特別仕様車

富士重工業は2014年12月11日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight S-style」を発表した。2015年1月13日に発売する。

18インチアルミホイール
18インチアルミホイール 拡大
LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ
LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ 拡大

「1.6GT EyeSight S-style」は、レヴォーグの販売構成比の8割以上を占める「1.6GT EyeSight」をベースに、18インチアルミホイールやLEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプなど、上級グレードで人気の装備が装着された特別仕様車である。装備内容は以下のとおり。

・18インチアルミホイール(シルバー塗装)
・LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(光輝タイプ)
・運転席8ウェイパワーシート(前後スライド、前チルト、リフター、リクライニング)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、リアフォグランプ)

販売計画は月販1000台。価格は289万4400円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.7.29 試乗記 日本を意識して開発したという、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」に試乗。「レガシィ」誕生から25年の節目に生まれた“新顔”の実力を、燃費とあわせて報告する。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る