BMWが2シリーズ カブリオレを発表

2015.03.25 自動車ニュース
「BMW 220iカブリオレ スポーツ」
「BMW 220iカブリオレ スポーツ」 拡大

BMWが「2シリーズ カブリオレ」を発表

BMWジャパンは2015年3月25日、「BMW 2シリーズ カブリオレ」を同年4月11日に発売すると発表した。

 
BMWが2シリーズ カブリオレを発表の画像 拡大
 
BMWが2シリーズ カブリオレを発表の画像 拡大
 
BMWが2シリーズ カブリオレを発表の画像 拡大
 
BMWが2シリーズ カブリオレを発表の画像 拡大
「220iカブリオレ ラグジュアリー」
「220iカブリオレ ラグジュアリー」 拡大

■FRを採用したコンパクトな4シーターオープン

2シリーズ カブリオレは「1シリーズ カブリオレ」の後継を担うコンパクトな4シーターオープンモデルで、2シリーズとしては「クーペ」「アクティブツアラー」に続く3番目のモデルとなる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4440×1775×1415mm(「220iカブリオレ スポーツ」の数値)、ホイールベースは2690mmと、いずれも従来モデルの1シリーズ カブリオレより拡大しており、特に全長については70mm長くなっている。

プラットフォームは2シリーズ クーペに準じており、エンジン縦置きのFRレイアウトを採用。パワーユニットは最高出力184ps、最大トルク27.5kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンで、これに8段ATを組み合わせている。またアイドリングストップ機構や、省燃費走行を支援する「ECO PROモード」、必要に応じてエンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング機能」、ホイールまわりで発生する空気抵抗を抑える「エアカーテン」などの技術により、燃費性能は従来モデルを23%上回る15.8km/リッター(JC08モード)を実現している。

ソフトトップはセンターコンソールのスイッチで操作する電動式で、20秒で開閉が可能。走行中でも車速が50km/h以下であれば操作することができる。また、生地には吸音性の高い素材を採用しており、従来モデルに対し、クローズド時の室内騒音を半減させているという。

このほかにも、「ラグジュアリー」や「Mスポーツ」のダコタレザーシートには、日差しによる温度上昇を防ぐ加工を施すなど、オープンカーならではの快適性についても配慮。トランクルームにはトップを閉じた状態で335リッター(従来モデル比+30リッター)、開けた状態で280リッター(同+20リッター)の容量を確保しており、オプションで高さ246mm、幅450mmの開口部を持つスルーローディング・システム(可倒式リアシート)を用意している。

このほかの装備については、「iDriveナビゲーションシステム」や、自動緊急ブレーキおよび車線逸脱警報、前車接近警告機能からなる「ドライビング・アシスト」を全車に採用。通信モジュールを利用した「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」にも標準で対応している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・220iカブリオレ スポーツ:525万円
・220iカブリオレ ラグジュアリー:544万円
・220iカブリオレ Mスポーツ:566万円

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW 2シリーズ カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
ホームへ戻る