「BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ」が新たなデザインで発売

2017.08.29 自動車ニュース
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」拡大

BMWジャパンは2017年8月29日、「BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ」および「M2クーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「2シリーズ クーペ」
「2シリーズ クーペ」拡大
「2シリーズ カブリオレ」
「2シリーズ カブリオレ」拡大
「2シリーズ クーペ」のインテリア。
「2シリーズ クーペ」のインテリア。拡大
コントロールディスプレイは、新たにタッチ操作に対応した。
コントロールディスプレイは、新たにタッチ操作に対応した。拡大

今回の改良では内外装デザインの刷新と、機能装備の拡充が行われた。

フロントデザインについては、新世代のヘキサゴナルデザインのLEDヘッドライトやより幅広なキドニーグリルのフレーム、大型化したエアインテークを採用し、ワイドなデザインを際立たせた。リアには新デザインのL字型LEDリアコンビネーションライトを採用し、立体感を強めるデザインとした。

インテリアでは、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールとインストゥルメントパネルに新デザインを採用したほか、トリムにはクロームメッキ加飾を追加。素材も上質なものへと変更し、質感も向上させた。

装備面では、「アドバンスドパーキングサポートパッケージ」(M2クーペを除く)とフロントシートヒーティングを標準装備とした。

インフォテインメントシステムについては、コントロールディスプレイをタッチ操作に対応させたほか、HDDナビゲーションシステムのメニュー画面の使い勝手も向上させている。

また、「M240iクーペ」とM2クーペには車載通信モジュールを用いたテレマティクスサービス「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備とした。さらに、M2クーペには7スピーカー搭載のHiFiサウンドシステムも備わる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 220iクーペ スポーツ:503万円
  • 220iクーペMスポーツ:525万円
  • 220iカブリオレ ラグジュアリー:599万円
  • 220iカブリオレMスポーツ:619万円
  • M240iクーペ:669万円(MT)/683万円(AT)
  • M2クーペ:802万円(MT)/827万円(AT)

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ クーペ, 2シリーズ カブリオレ, M2クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 2シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.15 試乗記 ダイハツの軽オープンスポーツ「コペン」に、よりスポーティーな「GRスポーツ」が登場。TOYOTA GAZOO Racingがチューニングを施した新モデルは、どのようなクルマに仕上がっていたのか? ダイハツとトヨタのコラボが生んだミニマムスポーツの実力を試す。
ホームへ戻る