マクラーレンが新型スポーツカー540Cを発表【上海ショー2015】

2015.04.22 自動車ニュース
「マクラーレン540Cクーペ」
「マクラーレン540Cクーペ」 拡大

【上海ショー2015】マクラーレンが新型スポーツカー「540C」を発表

英マクラーレン・オートモーティブは2015年4月20日、上海モーターショーで新型スポーツカー「540Cクーペ」を発表した。

「540Cクーペ」のリアビュー。
「540Cクーペ」のリアビュー。 拡大
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。 拡大
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。 拡大

■“一番お求めやすいマクラーレン”という位置付け

今回発表された540Cクーペは、先日発表された「570Sクーペ」と同様に、カーボン製の「モノセルII」シャシーを使用している。このシャシーは乗降性を含めた日常の使い勝手に重点を置いてデザインされているのが特徴。ボディーの軽量化にも貢献しており、車重は1311kg(乾燥重量)に抑えられている。

エンジンは540psと55.1kgmを生み出す3.8リッターV8ツインターボ。動力性能は0-100km/h加速が3.5秒、最高速は320km/hと発表されている。

540Cクーペは、マクラーレンの新しいモデル戦略上ではベーシックな「スポーツシリーズ」に属し(その上位に「スーパーシリーズ」と「アルティメットシリーズ」がある)、同シリーズとしては570Sクーペに続く第2弾となる。日本での価格(予価)は2188万円。2016年の初頭に納車が始まる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
540C, マクラーレン, 上海モーターショー2015, 自動車ニュース

マクラーレン 540C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン765LT 2020.11.5 画像・写真 マクラーレンが「765LT」を日本で公開。「720S」をベースとした高性能バージョンで、4リッターV8ターボエンジンは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速は2.8秒という動力性能を誇る。新たなスーパースポーツモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ初の市販オープンPHEV「SF90スパイダー」登場 2020.11.13 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年11月12日(現地時間)、同社初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」のオープンバージョンである「SF90ストラダーレ」を発表した。ルーフはリトラクタブルハードトップ構造となり、オープン/クローズの動作はそれぞれ14秒で完了する。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る