マクラーレンが新型スポーツカー540Cを発表【上海ショー2015】

2015.04.22 自動車ニュース
「マクラーレン540Cクーペ」
「マクラーレン540Cクーペ」 拡大

【上海ショー2015】マクラーレンが新型スポーツカー「540C」を発表

英マクラーレン・オートモーティブは2015年4月20日、上海モーターショーで新型スポーツカー「540Cクーペ」を発表した。

「540Cクーペ」のリアビュー。
「540Cクーペ」のリアビュー。 拡大
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。 拡大
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。 拡大

■“一番お求めやすいマクラーレン”という位置付け

今回発表された540Cクーペは、先日発表された「570Sクーペ」と同様に、カーボン製の「モノセルII」シャシーを使用している。このシャシーは乗降性を含めた日常の使い勝手に重点を置いてデザインされているのが特徴。ボディーの軽量化にも貢献しており、車重は1311kg(乾燥重量)に抑えられている。

エンジンは540psと55.1kgmを生み出す3.8リッターV8ツインターボ。動力性能は0-100km/h加速が3.5秒、最高速は320km/hと発表されている。

540Cクーペは、マクラーレンの新しいモデル戦略上ではベーシックな「スポーツシリーズ」に属し(その上位に「スーパーシリーズ」と「アルティメットシリーズ」がある)、同シリーズとしては570Sクーペに続く第2弾となる。日本での価格(予価)は2188万円。2016年の初頭に納車が始まる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
540C, マクラーレン, 上海モーターショー2015, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン600LT 2018.7.30 画像・写真 マクラーレンから高性能モデル「600LT」が登場。エンジンのパワーアップに加え、大幅な軽量化や空力特性の見直しによって運動性能を追求したモデルで、0-100km/h=2.9秒という加速力に加え、「675LT」を上回るコーナリングスピードも実現しているという。
  • 第533回:最高速403km/hのロードカー
    「マクラーレン・スピードテール」がデビュー
    2018.10.27 エディターから一言 マクラーレンが初めて「Hyper-GT」とカテゴライズする究極のロードカーを発表した。その名は「マクラーレン・スピードテール」。長いテールを持つボディーデザインがその名の由来だが、「F1」以来初となる3座シートの採用や最高速度400km/h超えのパフォーマンスにも注目だ。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
ホームへ戻る