マクラーレンが570Sと540Cを本邦初公開

2015.06.04 自動車ニュース
日本初公開された「マクラーレン570Sクーペ」。世界初公開は2015年3月のニューヨークオートショー。
日本初公開された「マクラーレン570Sクーペ」。世界初公開は2015年3月のニューヨークオートショー。 拡大

マクラーレンが「570S」と「540C」を本邦初公開

マクラーレン・オートモーティブ・アジアは2015年6月4日、新型スポーツカー「570Sクーペ」と「540Cクーペ」を日本で初公開した。価格は570Sが2556万円で、540Cが2188万円。

「570Sクーペ」のサイドビュー。
「570Sクーペ」のサイドビュー。 拡大
「マクラーレン540Cクーペ」。2015年4月の上海モーターショーで世界初公開された。
「マクラーレン540Cクーペ」。2015年4月の上海モーターショーで世界初公開された。 拡大
「540Cクーペ」のリアビュー。
「540Cクーペ」のリアビュー。 拡大
発表会にはマクラーレンの創始者であるブルース・マクラーレン氏の娘、アマンダ・マクラーレン氏が“ブランドアンバサダー”として出席した。
発表会にはマクラーレンの創始者であるブルース・マクラーレン氏の娘、アマンダ・マクラーレン氏が“ブランドアンバサダー”として出席した。 拡大
写真左から、マクラーレン・オートモーティブ・アジアの名取雅裕オペレーションマネジャー、英マクラーレンのロバート・メルヴィル チーフデザイナー、アマンダ・マクラーレン氏、そして英マクラーレンのデイビッド・マッキンタイヤー アジア太平洋地域担当リージョナルディレクター。
写真左から、マクラーレン・オートモーティブ・アジアの名取雅裕オペレーションマネジャー、英マクラーレンのロバート・メルヴィル チーフデザイナー、アマンダ・マクラーレン氏、そして英マクラーレンのデイビッド・マッキンタイヤー アジア太平洋地域担当リージョナルディレクター。 拡大

■「スポーツシリーズ」の投入で販売拡大を狙う

570Sクーペと540Cクーペは、マクラーレンの新しいモデル戦略上では「スポーツシリーズ」と呼ばれるベーシックなモデルラインに属する。いずれも3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、その最高出力は車名にもあるとおり570Sでは570ps、540Cでは540psとされる。動力性能は0-100km/h加速が順に3.2/3.5秒、最高速は同328/320km/h。

また、両モデルには、乗降性など日常の使い勝手にも重点を置いてデザインされたモノセルIIと呼ばれるカーボン製シャシーが用いられている。このシャシーはボディーの軽量化にも貢献しており、車重は570Sで1313kg、540Cでは1311kg(いずれも乾燥重量)に抑えられている。

マクラーレンのモデルラインには、スポーツシリーズのほかに、よりスポーティーな「スーパーシリーズ」と「アルティメットシリーズ」がある。スポーツカーとしてベーシック、かつピュアな位置付けのスポーツシリーズは、一般公道だけでなくサーキットでも高い操作性を誇るのが特徴。サスペンション設定は「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3種類から選択でき、ノーマルでは洗練された走りを、スポーツおよびトラックではサーキット向けのスポーティーな走りを堪能できるという。これら2台はエンジンのパワーが異なるだけでなく、570Sより540Cに「より日常的な運転に焦点を当てたダンパーチューニングを施した」(英マクラーレン)とのことだ。

マクラーレンは2014年に全世界で約1600台を販売した。今回お披露目したスポーツシリーズは拡大路線をとる同社にとって非常に重要なモデルであり、このシリーズをラインナップに加えることで、「生産台数を従来の2倍以上にしたい」と、英マクラーレンのアジア太平洋地域担当リージョナルディレクターであるデイビッド・マッキンタイヤー氏は語った。

また同氏は、「(販売台数で見ると)日本はマクラーレンにとって世界で5番目のとても大事な市場」と強調し、「(スポーツシリーズの上位モデルである)スーパーシリーズはイタリアのスーパーカーを所有しているようなお客さまを対象にしている。それに対して今回のスポーツシリーズはドイツのスポーツカーを所有しているような方々を対象に考えている」と語った。

(webCG)

関連キーワード:
570S, 540C, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン 570S の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
ホームへ戻る