トヨタ・ウィッシュ、CVT改良で燃費向上

2015.05.07 自動車ニュース
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“MONOTONE”」
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“MONOTONE”」
    拡大

「トヨタ・ウィッシュ」、CVT改良で燃費向上

トヨタ自動車は、ミニバン「ウィッシュ」の燃費性能を高め、2015年5月7日に発売した。

「ウィッシュ1.8S」
「ウィッシュ1.8S」
    拡大

今回、ウィッシュのCVTに改良が施され、燃費性能の向上が図られた。新たな燃費値(JC08モード)は、1.8リッターのFF車で16.0km/リッター。
さらにフロントドアガラスには、これまで一部のグレードに標準装備されていた、紫外線を99%カットするスーパーUVカットガラス(撥水<はっすい>機能付き)が採用された。

福祉車両「ウェルキャブ」や特別仕様車についても、同様の変更が施されている。

価格は、「1.8X」(7人乗り/FF車)の190万5709円から「2.0Z」(6人乗り/FF車)の259万2982円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ウィッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ウィッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタの新型高級ワゴン「グランエース」がデビュー 2019.11.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年11月25日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表。同年12月16日に販売を開始する。既存のミニバンを超える多人数乗用車という位置づけで、新規の顧客開拓が期待されている。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)/グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.2.11 試乗記 上級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」よりもさらに大きなワンボックス車としてデビューした「トヨタ・グランエース」。新たな市場の開拓を目指すピープルムーバーの乗り心地、そして使い勝手は?
ホームへ戻る