イヴォークに「都会の大人」がテーマの限定車

2015.07.01 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク URBANITE」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク URBANITE」
    拡大

「レンジローバー イヴォーク」に「都会の大人」がテーマの限定車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年7月1日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「URBANITE (アーバナイト)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5ドアの「ダイナミック」と「ピュア」の2グレードをベースに、各種オプションパッケージを標準で採用するとともに、グレインレザーのシートなどを装備した限定モデルである。車名の「URBANITE」とは「都市居住者」の意。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは同車について「レンジローバー イヴォークの先進的なデザイン、洗練性を際立たせ、その名を体現する都会の大人の雰囲気に仕上げた」と説明している。

具体的な特別装備の内容は以下のとおり。

・「ダイナミック」ベースのモデル
ブラックの20インチアルミホイールやエクステリアパーツなどからなる「ブラックデザイン・パック」と、パノラミックグラスルーフやキーレスエントリー、アダプティブ・キセノンヘッドランプ、パワーテールゲートなどからなる「テクノロジー・パック」を装備。外装色は「サントリーニ・ブラック」と「ユーロン・ホワイト」の2色で、インテリアトリム・フィニッシャーには「テクスチャード・アルミニウム」を採用している。販売台数は各外装色が30台ずつの、合計60台。価格は670万円。

・「ピュア」ベースのモデル
パノラミックグラスルーフや電動調整式フロントシート(運転席10way/助手席8way)、フロントシートヒーター、運転席シートメモリー機能などからなる「ピュア・ラグジュアリー・パック」や、「20インチ スタイル504 アロイホイール」を装備。ボディーカラーは「コリス・グレイ」で、インテリアトリム・フィニッシャーは「サテンブラッシュド・アルミニウム」となっている。販売台数は40台。価格は580万円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー90」が日本上陸 魅力を発信するツアー開催 2021.3.30 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月30日、新型「ランドローバー・ディフェンダー」の3ドアモデル「90」の日本上陸を受け、ディフェンダーの魅力を発信するイベント「ディフェンダー90プレビューツアー」を同年4月3日から開催すると発表した。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る