三菱がパジェロにオートハイビームを採用

2015.07.16 自動車ニュース
「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」
    拡大

三菱が「パジェロ」にオートハイビームを採用

三菱自動車は2015年7月16日、SUV「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

■安全装備の強化に加え、新色を追加

今回の改良では、ロングボディーの「スーパーエクシード」とショートボディーの「VR-II」に「オートマチックハイビーム」を標準で採用した。この機能は、先行車や対向車の有無など、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えるもので、三菱車としては初の採用となる。

内外装については、エクステリアではロングボディーの「GR」(ガソリン車)とショートボディーの「VR-I」に7本スポークの17インチアルミホイールを採用したほか、ロングボディーの「スーパーエクシード」と「エクシード」、ショートボディーの「VR-II」の外装色に「ディープレッドマイカ」を追加。これにより、カラーバリエーションはロングボディーで全7色(「GR」は3色)、ショートボディーで全4色(「VR-I」は3色)の展開となった。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルにソフトな触感の新表皮素材を採用。質感を向上させている。

価格は以下の通り。
・VR-I(ショートボディー・ガソリン車):292万6800円
・VR-II(ショートボディー・ディーゼル車):400万1400円
・GR(ロングボディー・ガソリン車):327万7800円
・GR(ロングボディー・ディーゼル車):375万1920円
・エクシード(ロングボディー・ガソリン車):383万9400円
・エクシード(ロングボディー・ディーゼル車):428万2200円
・スーパーエクシード(ロングボディー・ディーゼル車):495万1800円

(webCG)
 

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 第64回:「パジェロ」から始まった4WDの“民生化”
    都市を支配したオフローダーの変節
    2019.12.12 自動車ヒストリー 洋の東西を問わず、今日の自動車市場で大きな存在感を示しているSUV。このジャンルが成長を始めた際、その旗手となったのが「三菱パジェロ」だった。長年にわたりブームを主導しながら、ニーズの変化によって姿を消すこととなった時代の寵児の歴史を振り返る。
ホームへ戻る