第64回:「パジェロ」から始まった4WDの“民生化”
都市を支配したオフローダーの変節

2019.12.12 自動車ヒストリー 洋の東西を問わず、今日の自動車市場で大きな存在感を示しているSUV。このジャンルが成長を始めた際、その旗手となったのが「三菱パジェロ」だった。長年にわたりブームを主導しながら、ニーズの変化によって姿を消すこととなった時代の寵児の歴史を振り返る。

ジープから自動車製造を再開した三菱

1990年代に日本を訪れたヨーロッパ人が、街の風景を見て驚いたという。戒厳令が発令されたと思ったのだ。もちろん勘違いで、彼が見たのは道を走るいかついSUVの群れと、修学旅行で東京にやってきた中学生の隊列だった。それが軍用車両と少年兵に見えたというわけだ。

実情を知ればばかげた思い込みだということはわかったのだが、確かにその増殖ぶりは都市の景観を変えるほどだった。中でも際立っていたのが、三菱パジェロである。オフロードにはまったく興味を持たない人々が、ライフスタイルを表現するアイテムとしてパジェロを選ぶようになっていた。

三菱は戦時中は主に兵器製造を行っていたが、終戦を迎えて他分野への事業の転換を図る。自動車製造の第一歩となったのは「ジープ」のノックダウン生産だった。ウィリス社からライセンスを受け、自衛隊への製品供給を行ったのである。1953年から生産が始まり、朝鮮戦争特需もあって販売台数を伸ばしていった。1957年には4000台近くを生産している。最初は部品を輸入して組み立てていたが、徐々に部品の国産化を進めて、エンジンも自社開発。名実ともに「三菱ジープ」となり、4WD市場では7割ほどのシェアを持つに至った。

モデルバリエーションを増やし、自衛隊への供給だけでなく、一般ユーザーにも販売を広げていく。アメリカ軍が戦地で使用していたモデルであり、頑丈さと悪路走破性にはもともと定評があった。国内では無敵だったが、弱点は輸出ができないことである。三菱ジープは独自の進化を遂げていたものの、当初の契約に縛られて国外進出が難しかったのだ。

最初に契約したウィリス社から、カイザー社、AMCとライセンサーは変わっていったが、自由な輸出が許されないことに変わりはない。東南アジアに年間400台ほどが輸出されるにとどまっていたのである。トヨタが独自開発の「ランドクルーザー」で順調に輸出を増やしているのを横目に見ながら、三菱はどうすることもできなかった。

1917年に「A型」の生産を開始した三菱だが、航空機事業に専念するために数年で事業を中断。その後は陸軍の試作4WD車(写真)を手がけた程度で、実質的には戦後に本格的な自動車産業への進出を果たした。
1917年に「A型」の生産を開始した三菱だが、航空機事業に専念するために数年で事業を中断。その後は陸軍の試作4WD車(写真)を手がけた程度で、実質的には戦後に本格的な自動車産業への進出を果たした。拡大
三菱は1952年にウィリス社と契約を結び、翌1953年より「ジープ」の生産をスタート。量産第1弾の「J1型」は、54台が林野庁に納車された。
三菱は1952年にウィリス社と契約を結び、翌1953年より「ジープ」の生産をスタート。量産第1弾の「J1型」は、54台が林野庁に納車された。拡大
グリルの上にあしらわれた三菱のエンブレムと「WILLYS」のロゴに注目。三菱が当初生産していたのは、民生ジープの第1弾たる「CJ-3A」だが、1953年より本国ではハリケーンエンジンを搭載した「CJ-3B」に生産が移行。“三菱版”も、同年7月に生産が始まった「J3型」はCJ-3Bがモデルとなっていた。
グリルの上にあしらわれた三菱のエンブレムと「WILLYS」のロゴに注目。三菱が当初生産していたのは、民生ジープの第1弾たる「CJ-3A」だが、1953年より本国ではハリケーンエンジンを搭載した「CJ-3B」に生産が移行。“三菱版”も、同年7月に生産が始まった「J3型」はCJ-3Bがモデルとなっていた。拡大
1960年に登場したFJ40型「トヨタ・ランドクルーザー」。頑丈なつくりと高い走破性で人気を博し、北米や中南米などへトヨタが進出する際の先兵を務めた。
1960年に登場したFJ40型「トヨタ・ランドクルーザー」。頑丈なつくりと高い走破性で人気を博し、北米や中南米などへトヨタが進出する際の先兵を務めた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 第104回:世界を制覇した“普通のクルマ”
    トヨタを支える「カローラ」の開発思想
    2021.7.7 自動車ヒストリー 日本の大衆車から世界のベストセラーへと成長を遂げた「トヨタ・カローラ」。ライバルとの販売争いを制し、累計販売台数4000万台という記録を打ち立てたその強さの秘密とは? トヨタの飛躍を支え続けた、“小さな巨人”の歴史を振り返る。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
ホームへ戻る