三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開

2015.08.02 自動車ニュース
7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「三菱パジェロスポーツ」(日本未導入)。
7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「三菱パジェロスポーツ」(日本未導入)。 拡大

三菱がタイで新型「パジェロスポーツ」を公開

三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。まずは今秋、タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、アフリカ、中南米、ロシアなどに順次拡大してく予定。

ボディーサイズは全長4785×全幅1815×全高1800mm。
ボディーサイズは全長4785×全幅1815×全高1800mm。 拡大
高級感のあるスポーティーなコックピットを目指した。
高級感のあるスポーティーなコックピットを目指した。
    拡大
2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンを搭載する。
2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンを搭載する。 拡大

■2.4リッターディーゼル搭載、燃費を17%改善

新型パジェロスポーツのコンセプトは「Stylish & Comfortable OFFROAD SUV」。「パジェロ」ブランドを継承する本格的なオフロードSUVでありながら、洗練されたデザインや上質な走り、快適な居住空間、優れた環境性能、先進の予防安全装備などを備えているとうたわれる。

フロントフェイスには同社のデザインコンセプト「ダイナミック・シールド」を取り入れ、スポーティーでダイナミックなイメージを表現した。また、サスペンションやボディーの改良により、操縦安定性、乗り心地、静粛性を向上させた。

エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。これに新開発の8段ATを組み合わせて、燃費を先代比で約17%改善させている。

(webCG)

→「三菱パジェロスポーツ」の詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る