三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開

2015.08.02 自動車ニュース
7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「三菱パジェロスポーツ」(日本未導入)。
7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「三菱パジェロスポーツ」(日本未導入)。 拡大

三菱がタイで新型「パジェロスポーツ」を公開

三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。まずは今秋、タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、アフリカ、中南米、ロシアなどに順次拡大してく予定。

ボディーサイズは全長4785×全幅1815×全高1800mm。
ボディーサイズは全長4785×全幅1815×全高1800mm。 拡大
高級感のあるスポーティーなコックピットを目指した。
高級感のあるスポーティーなコックピットを目指した。
    拡大
2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンを搭載する。
2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンを搭載する。 拡大

■2.4リッターディーゼル搭載、燃費を17%改善

新型パジェロスポーツのコンセプトは「Stylish & Comfortable OFFROAD SUV」。「パジェロ」ブランドを継承する本格的なオフロードSUVでありながら、洗練されたデザインや上質な走り、快適な居住空間、優れた環境性能、先進の予防安全装備などを備えているとうたわれる。

フロントフェイスには同社のデザインコンセプト「ダイナミック・シールド」を取り入れ、スポーティーでダイナミックなイメージを表現した。また、サスペンションやボディーの改良により、操縦安定性、乗り心地、静粛性を向上させた。

エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。これに新開発の8段ATを組み合わせて、燃費を先代比で約17%改善させている。

(webCG)

→「三菱パジェロスポーツ」の詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 「ランクル」になれなかった本格オフローダー
    「三菱パジェロ」の日本市場撤退に思うこと
    2019.5.8 デイリーコラム 三菱自動車が国内販売向け「パジェロ」の生産を2019年8月に終了することを発表した。とどまるところを知らないSUVブームの真っただ中に、“本物”が去り行くのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る