「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」にお買い得仕様の限定モデル

2016.05.26 自動車ニュース

FCAジャパンは2016年5月25日、アルファ・ロメオのCセグメントハッチバック車「ジュリエッタ」に特別仕様車「Divina(ディビーナ)」を設定し、同年6月4日より150台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車はジュリエッタのエントリーグレード「スポルティーバ」をベースに装備を簡素化することで価格を抑えたものである。具体的には、運転席と助手席のパワーシート(運転席メモリー機能付き)、フロントシートのランバーサポート、スポルティーバのエンブレムが省略されている。

ボディーカラーは「アルファレッド」と「アイスホワイト」の2色で、販売台数は前者が100台、後者が50台。ともに専用のアルミホイールが装備されている。

価格はベース車より10万8000円安い、359万6400円。

(webCG)
 

「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」 拡大

関連キーワード:
ジュリエッタ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリエッタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】 2016.2.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。
  • ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売 東京のウエルカムプラザ青山では先行展示も 2020.1.17 自動車ニュース ホンダが4代目となる新型「フィット」を、2020年2月14日に発売すると発表した。これに先立ち東京の「ウエルカムプラザ青山」では、同施設のリニューアルオープンに合わせ、「ベーシック」「ホーム」「ネス」「クロスター」「リュクス」の全5モデルの展示も行われる。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る