「ジープ・コンパス ブラックエディション」、100台限定で発売

2016.06.02 自動車ニュース
「ジープ・コンパス ブラックエディション」
「ジープ・コンパス ブラックエディション」 拡大

FCAジャパンは2016年6月2日、コンパクトSUV「ジープ・コンパス」に特別仕様車「コンパスBlack Edition(ブラックエディション)」を設定し、100台限定で同年6月11日に発売すると発表した。

「ブラックエディション」と名付けられてはいるものの、ブライトホワイトのボディーカラーも選択できる。
「ブラックエディション」と名付けられてはいるものの、ブライトホワイトのボディーカラーも選択できる。 拡大
 
「ジープ・コンパス ブラックエディション」、100台限定で発売の画像 拡大

ジープ・コンパス ブラックエディションは、2リッター直4エンジンを搭載するFF車「コンパス スポーツ4×2」をベースとする特別限定車。
グロスブラックのアクセントが入ったグリルやブラックルーフレールなどでドレスアップされるほか、カーナビゲーションシステムやリアビューカメラ、ETC車載器が標準で与えられる。
さらに、ジープのオリジナルファットバイク(自転車)もプレゼントされる。

主な特別装備は、以下の通り。

・三菱電機オーディオ&カーナビゲーションシステム
・リアビューカメラ+カメラ接続ケーブル
・ETC車載器
・ジープオリジナルファットバイク(タイヤサイズ:20インチ、カラー:オリーブ)
・ディープティンテッドガラス(リア)
・アルティチュードパッケージ(グロスブラックアクセント付きボディー同色グリル+グロスブラックアクセント付きリアバンパー+グロスブラックアクセント付きJeepバッジ/Compassバッジ+ブラックルーフフレール+ブラックの17インチアルミホイール)

ボディーカラーは、ブラック(50台)、ブライトホワイト(40台)、グラナイトクリスタルメタリック(10台)の3色が選べる。(カッコ内は限定販売台数)

価格は324万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ コンパス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」がモデルチェンジ 欧州で販売開始 2020.4.30 自動車ニュース 新型「メルセデス・ベンツGLA」のデリバリーが欧州でスタート。2代目は先代に比べ、全高や着座位置が10cmほど高く設定されるなど、よりSUVらしいキャラクターが与えられている。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
ホームへ戻る