トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化

2016.06.02 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL」
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL」 拡大

トヨタ自動車は2016年6月1日、ワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」に一部改良を実施し、同年6月11日に発売すると発表した。

「レジアスエース スーパーGL」
「レジアスエース スーパーGL」 拡大
「ハイエース コミューターDX」
「ハイエース コミューターDX」 拡大

今回の一部改良では、車両の横滑りなどを抑えて姿勢を安定させるVSC&TRCや、坂道での発進をサポートするヒルスタートアシストコントロール、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させ、後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを、ハイエースの「ワゴン」と「コミューター」に標準装備。またアクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用した。

価格は、ハイエース/レジアスエースの「バン」が226万2109円から338万914円、ハイエース ワゴンが270万5891円から382万6145円、ハイエース コミューターが303万3818円から348万5455円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る