「ポルシェ・カイエン」に装備充実の「プラチナエディション」

2016.06.03 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」 拡大

ポルシェ ジャパンは2016年6月2日、SUV「カイエン」の特別仕様車「カイエン プラチナエディション」「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」を発表。同日、予約受け付けを開始した。

「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」のリアビュー。
「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」のリアビュー。 拡大
RSスパイダーデザインの大径20インチホイール
RSスパイダーデザインの大径20インチホイール。 拡大
“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガード。画像は「カイエン プラチナエディション」のもの。
“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガード。画像は「カイエン プラチナエディション」のもの。 拡大

カイエンおよびカイエンS E-ハイブリッドのプラチナエディションは、ポルシェが「プレミアム品質の装備を魅力的な価格で提供」するとうたう特別仕様車。
エクステリアは、よりワイドなホイールアーチやRSスパイダーデザインの大径20インチホイール、ハイグロスエクステリアパッケージでドレスアップされている。

インテリアについても、8ウェイの電動調節機能を組み込んだレザースポーツシート、アルカンターラ仕上げのセンターパネル、“Platinum Edition”ロゴ入りステンレススチールドアエントリーガードなどが装着される。

快適性や安全性のレベルアップも図られており、例えばカイエン プラチナエディションには、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)内蔵バイキセノンヘッドライト、パワーステアリングプラス、パークアシストシステム(フロントおよびリア)が備わる。
ドアミラーとインテリアミラーの自動防眩(ぼうげん)機能、後席の濃色プライバシーガラス、オンラインナビゲーションシステム、BOSEサウンドシステムを含むポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)もセリングポイントとなっている。

ボディーカラーは、ブラックとホワイトのソリッドカラー仕上げが標準。このほか、ジェットブラックメタリック、パープライトメタリック、マホガニーメタリック、キャララホワイトメタリック、ロジウムシルバーメタリックの5色がオプションで用意される。

価格は、以下の通り。
・カイエン プラチナエディション:944万円
・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション:1257万円

(webCG)

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ポルシェ・マカンGTS」に試乗。最高出力380PSの新世代2.9リッターV6ターボエンジンと熟成されたシャシーの出来栄えをチェックしながら、他のモデルとは異なるGTSならではの特徴と魅力を探った。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る