【パリモーターショー2016】GLM、新たなコンセプト車を発表

2016.09.13 自動車ニュース

電気自動車(EV)の開発・販売を行うGLM(本社:京都市左京区)は2016年9月13日、次世代EVスーパーカーのコンセプト車「GLM G4」を、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で公開すると発表した。

「GLM G4」は、GLM初の量産車「トミーカイラZZ」に次ぐ、次世代のEVスーパーカーのコンセプト車。詳細は明らかにされていないが、パリモーターショー開幕に向けて、ティザーサイトで段階的に車両イメージを公開していくという。同社のパリモーターショーへの出展は初めて。

GLMは京都大学発のベンチャー企業であり、2014年にトミーカイラZZを電気自動車として復活させ、販売した。

(webCG)

「GLM G4」
「GLM G4」 拡大

関連キーワード:
G4, GLM, パリモーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.13 試乗記 「500」ゆずりのユニークなスタイリングが特徴のコンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に上陸。フィアットとクライスラーの“初めての共同作業”が生んだニューモデルの実力はいかなものか。FFの上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツEQシリーズ【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 2016年のパリモーターショーで発表されたメルセデスの「EQ」は、同社の電動化モデルに与えられるブランド名だ。プラグイン燃料電池車の「GLC F-CELL」を筆頭に、ディーゼルPHVの「C300de」やピュアEVの「スマートEQフォーツー」など全ラインナップの走りをリポートする。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る