【パリモーターショー2016】GLM、新たなコンセプト車を発表

2016.09.13 自動車ニュース

電気自動車(EV)の開発・販売を行うGLM(本社:京都市左京区)は2016年9月13日、次世代EVスーパーカーのコンセプト車「GLM G4」を、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で公開すると発表した。

「GLM G4」は、GLM初の量産車「トミーカイラZZ」に次ぐ、次世代のEVスーパーカーのコンセプト車。詳細は明らかにされていないが、パリモーターショー開幕に向けて、ティザーサイトで段階的に車両イメージを公開していくという。同社のパリモーターショーへの出展は初めて。

GLMは京都大学発のベンチャー企業であり、2014年にトミーカイラZZを電気自動車として復活させ、販売した。

(webCG)

「GLM G4」
「GLM G4」 拡大

関連キーワード:
G4, GLM, パリモーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る