トヨタがコンパクトSUV「C-HR」を年末に発売

2016.09.28 自動車ニュース
「トヨタC-HR S」
「トヨタC-HR S」 拡大

トヨタ自動車は2016年9月28日、新型のコンパクトSUV「C-HR」の日本仕様の概要を発表した。同年11月にウェブで先行商談受け付けを開始し、年末に発売する予定となっている。

ハイブリッドパワーユニット搭載車の「G」。ボディーカラーは新色の「メタルストリームメタリック」。
ハイブリッドパワーユニット搭載車の「G」。ボディーカラーは新色の「メタルストリームメタリック」。 拡大
新色の「ラディアントグリーンメタリック」が用いられた「G」。
新色の「ラディアントグリーンメタリック」が用いられた「G」。 拡大

■満を持してコンパクトSUVに挑む

トヨタC-HRは、グローバルで伸長を続けるコンパクトSUV市場にトヨタが投入するニューモデルである。デザインのコンセプトは「センシュアル スピード-クロス」というもので、軽快さと力強さを併せ持つ大胆なスタイリングを追求。SUVでありながらクーペのような「新ジャンル感」を訴求しようとしている。また、トヨタの技術戦略「TNGA(Toyota New Global Architecture)」にのっとった最新世代のパワーユニットやプラットフォームにより、優れた操縦安定性や快適な乗り心地も実現しているという。

ラインナップは1.8リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する「G」「S」と、1.2リッターターボエンジンを搭載する「G-T」「S-T」の計4グレード。全車に運転支援システム「トヨタセーフティセンスP」が採用されている。

トヨタは同車を市場に投入することにより、「個性あふれるデザインはもちろん、意のままの走りやクラストップレベルの燃費も追求し、コンパクトSUV市場をけん引していく」としている。

ターボ車「S-T」のサイドビュー。
ターボ車「S-T」のサイドビュー。 拡大
「G」「G-T」のインストゥルメントパネルまわり。インテリアカラーには「リコリスブラウン」が採用されている。
「G」「G-T」のインストゥルメントパネルまわり。インテリアカラーには「リコリスブラウン」が採用されている。 拡大

■抑揚のある大胆なスタイリングが特徴

エクステリアデザインは、「ダイヤモンド」をモチーフにしたという彫刻的なプレスラインや、ボディー下部の深いえぐれ、大きく張り出したホイールフレアなどが特徴で、「抑揚の効いたメリハリのあるボディーと艶(あで)やかな面質による、大人の感性に響くスタイリングを追求」したという。また、クーペを思わせるサイドビューを実現するため、リアアウトサイドドアハンドルはCピラーの上端に隠すように配置している。

また、フロントまわりでは大きな台形のロワーグリルやボディーサイドに回り込む横長のヘッドランプなどで、ワイド感、踏ん張り感を表現。リアビューではキャビンを絞り込みつつリアフレアとリアコンビネーションランプを張り出させることで、安定感あるスタンスを表現している。

このほかにも、外装では12灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光るシーケンシャルターンランプや、車名ロゴが浮かび上がる足元イルミネーションをトヨタ車として初採用。ボディーカラーは新規開発色の「ラディアントグリーンメタリック」「メタルストリームメタリック」を含む、全8色の設定となっている。

一方、「センシュアル-テック」というコンセプトのもとに設計されたインテリアは、インストゥルメントパネルからドアトリムまでつながるソフトパッドや金属調オーナメントなどにより横方向の広がりを表現。操作インターフェイスについては、センタークラスターをドライバーに向けて配置するなど、直感的で操作しやすいレイアウトを重視している。

メーターはマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)付きの2眼筒型タイプで、盤面にブルーラインを放射状に施すことで奥行きと先進感を表現。シートはホールド性に加え、座面のパッド厚や硬度を最適化することで座骨への圧力を分散し、ロングドライブの疲れにくさにも配慮した設計としている。またインテリアカラーには、「ブラック」「リコリスブラウン」の2色が用意される。

ハイブリッド車用の2眼式メーター。
ハイブリッド車用の2眼式メーター。 拡大
「G」
「G」 拡大

■合言葉は「我が意の走り」

運動性能に関しては、コンセプトである「我が意の走り」を実現するため、ドライバーの操作に対するレスポンスやリニアリティー、コンシステンシー(路面状況や車速を問わず車両の応答に統一感があること)を重視。TNGAの思想にもとづく低重心パッケージと、構造用接着剤や環状骨格構造の採用による高いボディー剛性などにより、優れた乗り心地と操縦安定性を実現しているという。

サスペンションはフロントが新開発のマクファーソンストラット式、リアがダブルウイッシュボーン式で、大径スタビライザーの使用や、ショックアブソーバーの減衰力特性の最適化などが優れた乗り心地や操縦安定性に寄与。全車にSACHS(ザックス)のショックアブソーバーを標準装備するほか、アッパーサポートの緩衝材にはトヨタとして初めてウレタンを使用している。

このほかにも、アクセルペダルは踏み込み時に緻密な操作ができるよう、剛性を高め、内部構造を改善。ブレーキペダルは最適なペダル位置や角度を追求するとともに、踏み込み時の応答性を向上させるために新設計のブッシュを採用している。

デイリーユースにおける使いやすさにも配慮しており、最小回転半径はハッチバック車並みの5.2mに抑制。全高も立体駐車場に駐車可能な1550mm(ターボ車は1565mm)に抑えている。一方で車内空間については室内長1800mm、室内幅1455mmというスペースを確保。1265mm(ターボ車は1280mm)というアイポイントや細身のAピラー、ドアミラーの取り付け位置の工夫などにより、優れた視認性もかなえているという。

(webCG)

→「トヨタC-HR」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る