三菱、「パジェロ」を一部改良

2016.10.27 自動車ニュース

三菱自動車は2016年10月27日、「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

ボディーカラーに新色を設定

今回の改良は、内外装とナビゲーションシステムの変更が中心となる。

外装では、ロングボディーの「スーパーエクシード」と「エクシード」に、新色のディープブロンズメタリックが設定された。

一方、内装では、ロングボディーのエクシードと「GR」、ショートボディーの「VR-I」「VR-II」のドアトリムの一部に合成皮革が採用された。なお、この合皮のトリムはスーパーエクシードには以前から採用されており、これですべてのグレードに展開されたことになる。

また、GRとVR-Iには光沢のあるピアノブラックのインパネセンターパネルが装着された。こちらもエクシードとVR-IIには以前から装備されていた。

これらに加えて、スーパーエクシードに標準装備される7インチWVGAディスプレイナビゲーションシステム「MMCS」の操作性の向上が図られている。

ラインナップと価格は以下の通り。
ショートボディー

  • VR-I(3リッターガソリン):292万6800円
  • VR-II(3.2リッターディーゼル):400万1400円

ロングボディー

  • GR(3リッターガソリン):327万7800円
  • GR(3.2リッターディーゼル):375万1920円
  • エクシード(3リッターガソリン):383万9400円
  • エクシード(3.2リッターディーゼル):428万2200円
  • スーパーエクシード(3.2リッターディーゼル):495万1800円

(webCG) 
 

「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」 拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る