三菱、「パジェロ」を一部改良

2016.10.27 自動車ニュース

三菱自動車は2016年10月27日、「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

ボディーカラーに新色を設定

今回の改良は、内外装とナビゲーションシステムの変更が中心となる。

外装では、ロングボディーの「スーパーエクシード」と「エクシード」に、新色のディープブロンズメタリックが設定された。

一方、内装では、ロングボディーのエクシードと「GR」、ショートボディーの「VR-I」「VR-II」のドアトリムの一部に合成皮革が採用された。なお、この合皮のトリムはスーパーエクシードには以前から採用されており、これですべてのグレードに展開されたことになる。

また、GRとVR-Iには光沢のあるピアノブラックのインパネセンターパネルが装着された。こちらもエクシードとVR-IIには以前から装備されていた。

これらに加えて、スーパーエクシードに標準装備される7インチWVGAディスプレイナビゲーションシステム「MMCS」の操作性の向上が図られている。

ラインナップと価格は以下の通り。
ショートボディー

  • VR-I(3リッターガソリン):292万6800円
  • VR-II(3.2リッターディーゼル):400万1400円

ロングボディー

  • GR(3リッターガソリン):327万7800円
  • GR(3.2リッターディーゼル):375万1920円
  • エクシード(3リッターガソリン):383万9400円
  • エクシード(3.2リッターディーゼル):428万2200円
  • スーパーエクシード(3.2リッターディーゼル):495万1800円

(webCG) 
 

「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」 拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
ホームへ戻る