「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車

2016.11.07 自動車ニュース
「日産スカイライン60thリミテッド」
「日産スカイライン60thリミテッド」 拡大

日産自動車は2016年11月7日、「スカイライン」に特別仕様車「60thリミテッド」を設定。カタログモデルについても仕様変更を実施し、販売を開始した。

カタログモデルとは異なる特別なインテリア

今回の特別仕様車は、スカイラインが2017年4月にデビュー60周年を迎えるのに合わせて設定されたもので、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となる。

特徴はカタログモデルとは異なる内装の仕様にあり、「350GT ハイブリッド Type SP」と「350GT FOUR ハイブリッド Type SP」「200GT-t Type SP」の3グレードをベースに、セミアニリン加工を施した本革シートを全席に採用。フロントシートについては、ホールド性が高いスポーツシート形状としている。またインテリアトリムには、木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを使用している。

価格は以下の通り。
・200GT-t Type SP:496万3680円
・350GT ハイブリッド Type SP:581万0400円
・350GT FOUR ハイブリッド Type SP:609万1200円

オプションのオーディオシステムを一新

同時に行われた仕様変更では、新たに「BOSEパフォーマンスシリーズ サウンドシステム」をオプション設定した。スピーカーの数は、既存の「BOSEサウンドシステム」の14基に左右のリアドアツイーターを追加した全16基。フロントドアに新しいツイーターを採用するともに、フロントドアのスピーカーグリルもより薄く、洗練されたデザインに変更。音響特性がよいメタル素材を採用することで、上質で豊かな音響空間を実現したという。価格は18万6840円となっている。

また、ボディーカラーについては既存の「ガーネットブラック(P)」は「メテオフレークブラックパール(2P)」に変更するとともに、かつて「スカイラインGT-R Vスペック」(1999年)に設定されていた「ベイサイドブルー」をモチーフにした新色「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加。全9種類のカラーバリエーションとした。

なお、各グレードとも価格の変更はない。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る