「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車

2016.11.07 自動車ニュース
「日産スカイライン60thリミテッド」
「日産スカイライン60thリミテッド」 拡大

日産自動車は2016年11月7日、「スカイライン」に特別仕様車「60thリミテッド」を設定。カタログモデルについても仕様変更を実施し、販売を開始した。

カタログモデルとは異なる特別なインテリア

今回の特別仕様車は、スカイラインが2017年4月にデビュー60周年を迎えるのに合わせて設定されたもので、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となる。

特徴はカタログモデルとは異なる内装の仕様にあり、「350GT ハイブリッド Type SP」と「350GT FOUR ハイブリッド Type SP」「200GT-t Type SP」の3グレードをベースに、セミアニリン加工を施した本革シートを全席に採用。フロントシートについては、ホールド性が高いスポーツシート形状としている。またインテリアトリムには、木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを使用している。

価格は以下の通り。
・200GT-t Type SP:496万3680円
・350GT ハイブリッド Type SP:581万0400円
・350GT FOUR ハイブリッド Type SP:609万1200円

オプションのオーディオシステムを一新

同時に行われた仕様変更では、新たに「BOSEパフォーマンスシリーズ サウンドシステム」をオプション設定した。スピーカーの数は、既存の「BOSEサウンドシステム」の14基に左右のリアドアツイーターを追加した全16基。フロントドアに新しいツイーターを採用するともに、フロントドアのスピーカーグリルもより薄く、洗練されたデザインに変更。音響特性がよいメタル素材を採用することで、上質で豊かな音響空間を実現したという。価格は18万6840円となっている。

また、ボディーカラーについては既存の「ガーネットブラック(P)」は「メテオフレークブラックパール(2P)」に変更するとともに、かつて「スカイラインGT-R Vスペック」(1999年)に設定されていた「ベイサイドブルー」をモチーフにした新色「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加。全9種類のカラーバリエーションとした。

なお、各グレードとも価格の変更はない。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る