トヨタ・ウィッシュにモノトーンの特別仕様車

2011.09.29 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」にモノトーンの特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「ウィッシュ」に専用のカラーリングを施した特別仕様車を設定し、2011年10月3日に販売を開始する。

今回の特別仕様車「1.8S“モノトーン”」は、1.8リッターモデルの上級グレード「1.8S」をベースに、内外装を白と黒のモノトーンでまとめたモデルだ。

ボディーカラーはブラックとホワイトパールクリスタルシャインの2色を用意。外装は、ブラックメタリック塗装のディスチャージヘッドランプやダークメタリック塗装のアルミホイール、スモークメッキを施したフロントグリル/バックドアガーニッシュ、クロムメッキを組み合わせたカラードアウトサイドドアハンドルなど、黒基調のパーツでそろえられた。
一方内装には専用ファブリックと合成皮革をブラックとオフホワイトで組み合わせたシート表皮を採用。ブラックの専用ファブリックを施したドアトリムやボディーカラーに合わせたセンタークラスター、パワーウィンドウスイッチベースが採用されるなど、モノトーンでコーディネートされている。
さらに、スマートエントリー&スタートシステムとエンジンイモビライザーシステムも特別装備された。

価格は217万円(FF)と235万9000円(4WD)で、ベース車より8万円高い設定。

(webCG 本諏訪)

「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」 拡大

関連キーワード:
ウィッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ウィッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタの新型高級ワゴン「グランエース」がデビュー 2019.11.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年11月25日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表。同年12月16日に販売を開始する。既存のミニバンを超える多人数乗用車という位置づけで、新規の顧客開拓が期待されている。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る