「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場

2017.05.01 自動車ニュース

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。

2017年度は30台限定

ベンテイガ オニキス エディションは、6リッターW12ツインターボエンジンを搭載する標準仕様(車両価格:2739万円)をベースに、装備内容を一部変更して廉価な設定とすることで、より幅広い顧客層をターゲットとしたモデル。2017年度の販売は30台限定で、納車は同年第4四半期からを予定している。

外観の特徴はボディーの下端が「グロスベルーガブラック」仕上げとなること。一方、スタンダード仕様では標準装備となる「マリナードライビングスペック」や「ベントレーダイナミックライド」「カラースペシフィケーション」がオプションとなる。

主な標準装備は次のとおり。

  • 20インチ10本スポークアロイホイール(ペイント仕上げ)
  • 11色のエクステリアカラー
  • グロスベルーガブラック仕上げのロワーボディーワーク/ナンバープレートサラウンド/ドアミラーフットエリア
  • 5色から選択可能な単色インテリア
  • Dark Fiddleback Eucalyptusのウッドパネル
  • フルーテッドシート
  • コンベンショナル・パッシブアンチロールバー

主なオプション装備は次のとおり。

  • マリナードライビングスペック(ジュエル・フューエル&オイルフィラーキャップ、レザーアッパートリム、キルティングシートボルスター、ショルダー&ドアパネル、キルティングバックボード 4席仕様、スポーツフットペダルほか)
  • ベントレーダイナミックライド(電動式アクティブロールコントロール)
  • カラースペシフィケーション
  • テレビチューナー

(webCG)

ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション
ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション拡大

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.6.20 試乗記 2015年のデビュー以来、超高級SUVとして存在感を示してきた「ベントレー・ベンテイガ」。その高性能版となるニューモデル「ベンテイガ スピード」が得たものとは? 母国イギリスのサーキットでチェックしてみた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
ホームへ戻る