「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場

2017.05.01 自動車ニュース

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。

2017年度は30台限定

ベンテイガ オニキス エディションは、6リッターW12ツインターボエンジンを搭載する標準仕様(車両価格:2739万円)をベースに、装備内容を一部変更して廉価な設定とすることで、より幅広い顧客層をターゲットとしたモデル。2017年度の販売は30台限定で、納車は同年第4四半期からを予定している。

外観の特徴はボディーの下端が「グロスベルーガブラック」仕上げとなること。一方、スタンダード仕様では標準装備となる「マリナードライビングスペック」や「ベントレーダイナミックライド」「カラースペシフィケーション」がオプションとなる。

主な標準装備は次のとおり。

  • 20インチ10本スポークアロイホイール(ペイント仕上げ)
  • 11色のエクステリアカラー
  • グロスベルーガブラック仕上げのロワーボディーワーク/ナンバープレートサラウンド/ドアミラーフットエリア
  • 5色から選択可能な単色インテリア
  • Dark Fiddleback Eucalyptusのウッドパネル
  • フルーテッドシート
  • コンベンショナル・パッシブアンチロールバー

主なオプション装備は次のとおり。

  • マリナードライビングスペック(ジュエル・フューエル&オイルフィラーキャップ、レザーアッパートリム、キルティングシートボルスター、ショルダー&ドアパネル、キルティングバックボード 4席仕様、スポーツフットペダルほか)
  • ベントレーダイナミックライド(電動式アクティブロールコントロール)
  • カラースペシフィケーション
  • テレビチューナー

(webCG)

ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション
ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション拡大

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ(4WD)【試乗記】 2021.8.27 試乗記 ピュアEV「タイカン」をベースとするポルシェのニューモデル「タイカン クロスツーリスモ」に試乗。これを、隙間商法のバリエーションモデルと思うなかれ、見て触れて乗るほどに、その商品力の高さに驚かされることだろう。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.21 試乗記 「ベントレー・ベンテイガ」の最新モデルでは、英国流のクラフトマンシップとデジタル技術が融合した、独自のラグジュアリーな空間が展開されている。最高出力635PSのW12ユニットを積んだ高性能バージョン「スピード」で、その世界に身をゆだねてみた。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る