「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場

2017.05.19 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード トレイルホーク ビーツエディション」
「ジープ・レネゲード トレイルホーク ビーツエディション」拡大

FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像拡大
 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像拡大
 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像拡大

今回のトレイルホーク ビーツエディションは、オーディオブランドのBeats by Dr.Dreとのコラボレーションにより誕生したモデル。

サブウーハーを含む合計9基のスピーカーを、インパネ、フロントドア、リアドアおよびカーゴエリアに配置することで、計506W、8チャンネルのパワーアンプによる臨場感あふれるサウンドを楽しめるという。

ボディーカラーは、コロラドレッド(限定50台)、オマハオレンジ(同65台)、ジェットセットブルーメタリック(同50台)、ソーラーイエロー(同35台)の4色が設定される。このうちオマハオレンジとジェットセットブルーメタリックについては、ベースモデルの「トレイルホーク」には設定のない、ビーツエディション専用カラーとなる。

さらに購入特典として、Bluetoothワイヤレススピーカー「Beats Pill+(ビーツピルプラス)」がプレゼントされる。これらの装備や特典が付帯しながらベースモデルから据え置きの、345万6000円の価格もセリングポイントとなっている。

ビーツエディションは、5月20、21日に横浜赤レンガ地区の特設会場で開催される音楽イベント、グリーンルームフェスティバル2017の会場にて先行展示される予定。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る