スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施

2017.06.15 自動車ニュース
「スズキSX4 Sクロス」。ボディーカラーは新色の「エナジェティックレッドパール」。
「スズキSX4 Sクロス」。ボディーカラーは新色の「エナジェティックレッドパール」。拡大

スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。

こちらも新色の「スフィアブルーパール」をまとった「SX4 Sクロス」。
こちらも新色の「スフィアブルーパール」をまとった「SX4 Sクロス」。拡大
 
スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施の画像拡大

今回の仕様変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。なお、SX4 Sクロスは、スズキのハンガリーの子会社であるマジャールスズキで生産し、日本では輸入車として販売する。

エクステリアについては、ヘッドランプ、フロントバンパー、フロントグリル、ボンネットフードのデザインを変更。また、新デザインの17インチホイールを装備したほか、最低地上高を20mm高い185mmとした。さらにヘッドランプとリアコンビランプにはLEDを採用した。

インテリアでは、エアコンルーバーガーニッシュにサテンメッキ加飾を、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を施し、質感の向上を図った。

トランスミッションは従来のCVTに代えて、新たに6段ATを搭載。よりダイレクト感のある走りを実現したという。

ボディーカラーは新色の「スフィアブルーパール」と「エナジェティックレッドパール」など、全4色の設定となる。

価格はFF車が206万2800円、4WD車が227万8800円。

(webCG)

関連キーワード:
SX4 Sクロス, スズキ, 自動車ニュース

スズキ SX4 Sクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUV 2019.11.5 自動車ニュース トヨタが5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ライズ」を発売。「ダイハツ・ロッキー」のOEMモデルにあたり、全長4mを切る取り回しのしやすいボディーや、十分な広さを備えた車内空間が特徴。新開発のプラットフォームにより質の高い走りが追求されている。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る