【F1 2017 速報】第11戦ハンガリーGP、フェラーリ1-2でベッテルは4勝目

2017.07.30 自動車ニュース

F1世界選手権第11戦ハンガリーGPの決勝が、2017年7月30日、ハンガリーはブダペスト近郊のハンガロリンク・サーキット(4.381km)を70周して行われた。

前戦イギリスGPで大敗を喫したフェラーリが今季2度目のフロントロー独占に成功。レースでは終盤にルイス・ハミルトンの猛攻にあうも、抜きにくいコースで赤い2台がなんとか持ちこたえた。

優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ポールポジションから、ステアリングにトラブルを抱えたマシンでトップを守り切り、第6戦モナコGP以来となる今季4勝目、通算46勝目を飾った。

2位に入ったのはキミ・ライコネン。ペースの上がらないベッテルと猛追するハミルトンの間に挟まれるという難しい状況できっちりと仕事をやり遂げ、フェラーリ1-2に貢献した。ライコネンはハンガリーで8回目のポディウムにのぼり、同地での最多表彰台記録を更新した。

3位はメルセデスのバルテリ・ボッタス。フェラーリ攻略をハミルトンに任せるというチームの判断を受けて、チームメイトに3位の座を譲ったが、ハミルトンがライバルを抜けなかったことでそのポジションが戻ってきた。

ハミルトンは潔く表彰台を諦め、4位でレースを終えた。レッドブル・タグ・ホイヤーにとっては後味の悪さが残る週末となった。オープニングラップでチームメイト同士が接触、ダニエル・リカルドが0周でリタイアし、さらにマックス・フェルスタッペンはその接触の原因をつくったとして10秒のペナルティーを受け、結果5位となった。

パワーユニットの優劣が出にくいサーキットでマクラーレン・ホンダが善戦。フェルナンド・アロンソ6位、ストフェル・バンドールン10位と今季初めてダブル入賞を果たし、コンストラクターズランキングでも最下位を抜け9位に上がった。トロロッソ・ルノーのカルロス・サインツJr.はアロンソにオーバーテイクされ7位、フォースインディア・メルセデスはセルジオ・ペレス8位、エステバン・オコン9位と2台そろって得点した。

以下、11位ダニール・クビアト(トロロッソ)、12位ジョリオン・パーマー(ルノー)、13位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、14位ランス・ストロール(ウィリアムズ・メルセデス)、15位パスカル・ウェーレイン(ザウバー・フェラーリ)、16位マーカス・エリクソン(ザウバー)、17位ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が完走した。

開幕戦以来ポイントリーダーの座を守り続けるベッテルは202点、ランキング2位ハミルトンは188点と、イギリスGPで1点に縮まった両者の差は14点に拡大した。3位ボッタスは169点で好位置をキープ。4位リカルド117点、5位ライコネンは116点とこちらは接戦だ。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス357点、2位フェラーリ318点、3位レッドブル184点、4位フォースインディア101点、5位ウィリアムズ41点という順位である。

(文=bg)

 
【F1 2017 速報】第11戦ハンガリーGP、フェラーリ1-2でベッテルは4勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2017, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事