「トヨタC-HR」に8タイプのツートンカラーが登場

2017.08.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。拡大

トヨタ自動車は2017年8月2日、「C-HR」のボディーカラーにツートンカラーを新たに設定し、販売を開始した。

センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。
センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。拡大
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。拡大
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。拡大
イエロー×ブラックのエクステリア。
イエロー×ブラックのエクステリア。拡大

今回追加されたボディーカラーは、ベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リアスポイラーなどを組み合わせたもの。カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めたとアピールされる。

ツートンカラー(ボディーカラー×組み合わせカラー)のラインナップは、以下の通り。それぞれ、5万4000円(下記※印)または3万2400円のオプションとして用意される。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック※
  • メタルストリームメタリック×ブラック
  • ブラックマイカ ×ホワイト
  • センシュアルレッドマイカ×ブラック※
  • ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
  • イエロー×ブラック
  • ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
  • ブルーメタリック×ホワイト

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 黒系と茶系のカラーでドレスアップした「トヨタC-HR」登場 2018.12.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年12月3日、クロスオーバー「C-HR」に2種類の特別仕様車“Mode-Nero(モード ネロ)”“Mode-Bruno(モード ブルーノ)”を設定し、同日、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る