「トヨタC-HR」に8タイプのツートンカラーが登場

2017.08.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。拡大

トヨタ自動車は2017年8月2日、「C-HR」のボディーカラーにツートンカラーを新たに設定し、販売を開始した。

センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。
センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。拡大
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。拡大
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。拡大
イエロー×ブラックのエクステリア。
イエロー×ブラックのエクステリア。拡大

今回追加されたボディーカラーは、ベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リアスポイラーなどを組み合わせたもの。カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めたとアピールされる。

ツートンカラー(ボディーカラー×組み合わせカラー)のラインナップは、以下の通り。それぞれ、5万4000円(下記※印)または3万2400円のオプションとして用意される。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック※
  • メタルストリームメタリック×ブラック
  • ブラックマイカ ×ホワイト
  • センシュアルレッドマイカ×ブラック※
  • ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
  • イエロー×ブラック
  • ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
  • ブルーメタリック×ホワイト

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る