「トヨタC-HR」に8タイプのツートンカラーが登場

2017.08.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。拡大

トヨタ自動車は2017年8月2日、「C-HR」のボディーカラーにツートンカラーを新たに設定し、販売を開始した。

センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。
センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。拡大
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。拡大
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。拡大
イエロー×ブラックのエクステリア。
イエロー×ブラックのエクステリア。拡大

今回追加されたボディーカラーは、ベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リアスポイラーなどを組み合わせたもの。カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めたとアピールされる。

ツートンカラー(ボディーカラー×組み合わせカラー)のラインナップは、以下の通り。それぞれ、5万4000円(下記※印)または3万2400円のオプションとして用意される。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック※
  • メタルストリームメタリック×ブラック
  • ブラックマイカ ×ホワイト
  • センシュアルレッドマイカ×ブラック※
  • ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
  • イエロー×ブラック
  • ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
  • ブルーメタリック×ホワイト

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る