「レンジローバー イヴォーク」に充実装備の限定車が登場

2017.08.29 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年8月29日、「レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「コンテンポラリーエディション」を設定し、受注を開始した。

ボディーカラーには「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」(写真)の2色が用意される。
ボディーカラーには「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」(写真)の2色が用意される。拡大
外装色が「ユーロンホワイト」の場合、内装色は「エボニー」のモノトーンとなる。
外装色が「ユーロンホワイト」の場合、内装色は「エボニー」のモノトーンとなる。拡大
ボディーカラーに「カイコウラストーン」が用いられた「レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」。
ボディーカラーに「カイコウラストーン」が用いられた「レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」。拡大
「エボニー」と「アイボリー」のツートンのインテリア。
「エボニー」と「アイボリー」のツートンのインテリア。拡大
「20インチ スタイル504 アロイホイール」
「20インチ スタイル504 アロイホイール」拡大

今回のコンテンポラリーエディションは、2017年モデルの「レンジローバー イヴォークHSE」をベースに、レーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、自動緊急ブレーキ、駐車支援機能などの運転支援システムを搭載するとともに、内外装にも専用のコーディネートを施した特別仕様車である。

ボディーカラーは「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」の2色で、前者の場合、インテリアには「エボニー」と「アイボリー」のツートンカラーを、後者の場合はエボニーのモノトーンカラーを採用。また「20インチ スタイル504アロイホイール」やパノラミックルーフなどを標準装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • パノラミックグラスルーフ(固定式、電動サンブラインド付き) 
  • 20インチ スタイル504 アロイホイール(5スプリットスポーク、シャドークロームフィニッシュ) 
  • オックスフォードレザー・ラグジュアリーシート
  • アドバンスド・ドライバーアシスタンス・パック(レーンデパーチャーワーニング、レーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、ドライバーコンディションモニター、アドバンスドパークアシスト、360°パーキングエイド、クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション)

販売台数は、ボディーカラーがカイコウラストーンのものが48台、ユーロンホワイトのものが48台の、計96台。価格はともに699万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る