「レンジローバー イヴォーク」に充実装備の限定車が登場

2017.08.29 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年8月29日、「レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「コンテンポラリーエディション」を設定し、受注を開始した。

ボディーカラーには「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」(写真)の2色が用意される。
ボディーカラーには「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」(写真)の2色が用意される。拡大
外装色が「ユーロンホワイト」の場合、内装色は「エボニー」のモノトーンとなる。
外装色が「ユーロンホワイト」の場合、内装色は「エボニー」のモノトーンとなる。拡大
ボディーカラーに「カイコウラストーン」が用いられた「レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」。
ボディーカラーに「カイコウラストーン」が用いられた「レンジローバー イヴォーク コンテンポラリーエディション」。拡大
「エボニー」と「アイボリー」のツートンのインテリア。
「エボニー」と「アイボリー」のツートンのインテリア。拡大
「20インチ スタイル504 アロイホイール」
「20インチ スタイル504 アロイホイール」拡大

今回のコンテンポラリーエディションは、2017年モデルの「レンジローバー イヴォークHSE」をベースに、レーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、自動緊急ブレーキ、駐車支援機能などの運転支援システムを搭載するとともに、内外装にも専用のコーディネートを施した特別仕様車である。

ボディーカラーは「カイコウラストーン」と「ユーロンホワイト」の2色で、前者の場合、インテリアには「エボニー」と「アイボリー」のツートンカラーを、後者の場合はエボニーのモノトーンカラーを採用。また「20インチ スタイル504アロイホイール」やパノラミックルーフなどを標準装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • パノラミックグラスルーフ(固定式、電動サンブラインド付き) 
  • 20インチ スタイル504 アロイホイール(5スプリットスポーク、シャドークロームフィニッシュ) 
  • オックスフォードレザー・ラグジュアリーシート
  • アドバンスド・ドライバーアシスタンス・パック(レーンデパーチャーワーニング、レーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、ドライバーコンディションモニター、アドバンスドパークアシスト、360°パーキングエイド、クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション)

販売台数は、ボディーカラーがカイコウラストーンのものが48台、ユーロンホワイトのものが48台の、計96台。価格はともに699万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場 2019.12.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日、「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
ホームへ戻る