ランボルギーニ、初のSUV「ウルス」の発表を予告

2017.09.14 自動車ニュース

伊ランボルギーニは2017年9月12日(現地時間)、同社初のSUVモデル「ウルス」を、同年12月4日に公開すると発表した。

ランボルギーニではウルスを「SSUV(スーパースポーツユーティリティービークル)」と位置付けており、「並外れたパフォーマンス」や「多目的性とラグジュアリー感」、そして「ランボルギーニのDNAを感じさせるダイナミックなスーパースポーツカーのデザイン」を備えているとされる。

(webCG)

「ウルス」のイメージ画像。「THE FIRST SUPER SPORT UTILITY VEHICLE」と記されている。
「ウルス」のイメージ画像。「THE FIRST SUPER SPORT UTILITY VEHICLE」と記されている。拡大

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.30 試乗記 「ポルシェ・マカン」のトップパフォーマンスモデル、その名も「マカン ターボ パフォーマンス」に試乗。箱根のワインディングロードで触れることができたのは、最高出力440psという実力のごく一部に過ぎない。それでもなお心に残ったのは“ポルシェイズム”にあふれているということだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • 単なるブームの産物なのか?
    新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと
    2018.2.16 デイリーコラム コンセプトカーの登場から6年。ようやく日本上陸を果たした「ランボルギーニ・ウルス」だが、スーパーカーメーカーのSUVにはさまざまな議論がつきまとう。これは単なる“SUVブームの産物”なのか? その見どころはどこにある?
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る